Pocket

まだ5月中旬ですが、日差しが痛いくらい暑いです。

そんな中、自転車を使って母校の高校と大学に行ってきました。

高校で、本来ならば卒業証明書と成績証明書を取ってそれで
願書に添えて留学先に申請できるのですが、卒業後、ある一定の
期間が経ってしまうと成績証明書が取れなくなってしまうのです。

データを残しておけないというのがあるのかもしれませんが、
国の制度の問題だと思います。

卒業証明書はとれても、成績証明書に期限を設けるという制度は
管理する学校側にとっては楽になるかと思いますが、あきらかに
留学生にとっては留学への足かせになってしまうのです。

なぜなら、成績証明書がないと他の手続きが増えます。

「書類手続きすれば済むんでしょ?」というレベルではありません。

数学の高校レベルの成績がないということは、ほとんどのカレッジや
大学では、入学する前に数学のテストをすることになるからです。

英語で数学のテストですよ。

足かせですよね。

留学エージェントに相談したところ、「数学というより
算数の試験だから大丈夫です、私は落ちた人を知りません」と全然
慰めにもならないばかりではなく、軽くプレッシャーをかけて
くるのでした(笑)

念のため、大学と大学院の成績証明書を添付して申請して
くれるとのことで、できればやはりテストは受けたくありません。

大学の英文での成績証明書は一通1000円でした。
高校の卒業証明書は400円。
大学院の英文の成績証明書は300円です。

英文の健康診断書や無犯罪証明書がいらないそうなので、
その分の経費がかからないのはラッキーでした。

これから願書提出、入学許可証が発行されたら学生ビザ申請です。

一つ一つ手続きしていきたいと思います。


にほんブログ村

(Visited 36 times, 1 visits today)