Pocket

一昨日、12人の仲間が集まって私の送別会を開いてくれました。

飲み放題だったのであっという間に皆、呂律が回らなくなり、
カオス的な飲み会となってしまいました。

「ボルさん、何しゅうだっけ?」

遠くの席から呼びかけられ、

「マニトバ州ですよ」

「そんなしゅうないよな~」

「いえいえ、カナダですから」

「何言ってんだ、だからあんたは何宗だって聞いてんの!」

どうやら、お坊さんがいるので仏教談議が遠くの席であったようです。

うちは実家が浄土宗ですが、私自身は真言宗が好きです。

私自身、スキンヘッドにしているのでよく坊さんに間違われますが、
特定の宗教を信仰しているわけではありません。

そのお坊さんが、宴会の締めの挨拶で、突然、
『ボルさんは日本から逃げるんだよね』
と言い始めて唖然としました。

やがて一丁締めで手を叩いてお開きになったのですが、
私は酔いが醒めてしまいました。

「ん?そう思われるんだ。あんだけ引継ぎや準備に時間をかけて、
2年も前からみんなの前で海外移住の話をしていたのに・・・」

【私は何から逃げた・逃げているのだろう?】
このことです。

『日本で税金を払い続け、実家(自営業)の借金も全て返済でき
代表者変更を無事済ませ、親や兄からは応援され、家族もカナダに
行きたいと言い、守るものや日本にいなければならない理由もなく、
子ども達にとってこの時期に行くことが投資になりうるだろうと考え、
同時に私や妻自身にも新しい人生が送れるという醍醐味と冒険となり、
日本を去るにあたって手続きはほとんど済ませ、準備してきたのに
何を言っているんだ?この人は?』

以上のことが、2秒の間で頭を駆け巡り、「あなたに何がわかるだ!」
と言わないまでも、怒りがこみ上げてきました。

お坊さんに対して、
「みんなが言わないから私が言う」「私はこんなことも対極的に考えているんだ」
というような【無駄なサービス精神や自己顕示欲】のようなものを感じ取ってしまい
それらは私自身が持て余している性質だからこそ気になってムキになってしまった
のかと思います。

一方で、後ろめたいことや逃げたいことはないと思っていただけに、
あのような場でみんなの前で言うに至ったということは、そのお坊さん
から見て何かしら「日本から逃げる」と映った無責任さ?や何かが
あったのではないかとも考えました。

翌日になっても怒りや不安が拭えず、そのお坊さんに直接メールをしてみました。

その返信に瞠目しました。
.
.
.
「そんなこと言いました?ごめんなさい。まったく記憶がありません」

だはは。

酔っ払い相手に言質を取っている私も不粋でした。

「寺を守る私や、お墓を代々守っている檀家さんと接していると
言いたくなってしまうことがあったのかもしれません。ボルさんの
海外移民を非難するつもりはなく、嫌な思いをさせて申し訳ない」

一件落着です。

でも、あなたはどう感じましたか?

もし、あなたが海外に移住となった時、誰かから

「日本から逃げるの?」

「私たちを置いていくんだ?」

「日本や親に恩返ししないで行っちゃうのかい?」

と言われたとしたら・・・。

何をもって恩返しとなるのか?何をすれば逃げと思われないのか?

(たぶん、どんなことしても言う人は言うのでしょうけどね)

言われて初めて襟を正す。そしてすべてのことに感謝ができる。

そんなキッカケを今回は与えてくれたのだと思います。

妻の実家にいる妻から、
「わざわざ苦労しに行こうって言ってんだからあぁすごいね。
頑張ってね。くらい言えるようになりたいわね。
そんなに気にしちゃいないよ。前に進むだけよ。楽しむだけよ」
と、私にメールをくれました。

その通りだと思います。

他人をどうしたいとかではなく、自分たちがどうなりたいか、
そして、自分たちの幸せを考えた結果の海外移住であるわけですから。

このように海外移民に向けて動いていると様々な洗礼?を受けます。

ありがたいことです。

ウィニペグにいくまであと9日間。

まだまだ送別会が続きます。

楽しみでもあり、自分と向き合うちょっと苦い時間にもなり得ます。

何かありましたらまたブログに書きますね。

いつも読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 31 times, 1 visits today)