Pocket

ウィニペグ行きまで4日。

※未だに学生ビザが届いていませんので、
ないものとしてとりあえず渡加します。

片づけと準備が佳境に入ってきました。

何を持って行って、何を置いていくか、家族会議が必要です(笑)

せっかくパッキングしたのに、入れ忘れていたとか、
開けていない戸棚があったら、中に重要な物が入っていたなど
三歩歩いて二歩さがるような状態です。

まず、引き出しや戸棚は全て空けてしまい、
持っていく荷物のスペースを作ってそこに
集めておくことが必要です。

分別ごみの回収日に合わせてゴミもまとめておき、
使わないと見切った「みりん(プラスチックボトル)」や
「お酢(ビン)」なども空けてしまって分別しちゃいます。

ガスコンロもジモティで引き取ってもらうので、
料理をしなくなるため、塩や砂糖などの調味料も
もったいないけど捨てました。

使い切れなかった調味料を捨てるのってなんで
あんなに敗北感が出るのか不思議です。

悔しいので、ゴマだけはふりかけとして、おにぎりとして
なんとか使い切ろうと思っています。

私は料理が好きなので、キッチン用品を処分しなければ
ならない時が一番憂鬱でした。おたまやフライ返しは
まだ捨てられたのですが、お気に入りのトングや、
遠心分離の原理の野菜の水切りボールは大活躍していた
だけに捨てるに捨てられません。

時間をかけてようやく捨てましたが、感謝をして、
心の中でモクモクとお焚き上げをしてから
分別ゴミにしました。

ウィニペグに行く前に、カナダから何かお土産を
送るであろう親戚や友人の連絡先をリストアップし
プリントアウトしました。

それと、
飛行機に乗ってから書かされる書類対策のためにも
自分と妻、子どもたちの生年月日、パスポート番号
や有効期限をまとめたものもメモとしてプリント
アウトしておきます。

さらに忘れてはならないのが、ウィニペグでの
宿泊先やレンタカーの予約番号、もちろん、
飛行機のeチケット番号も必要です。

これらプリントアウトしたメモを飛行機の座席に
ついてもすぐに取り出せるようにしておくと
便利だと思います。

ウィニペグに着いてから移民センターにいくので
移民センターの住所や、レッドリバーカレッジの
住所も2つのキャンパスをメモしました。

なぜ、プリントアウトのメモか・・・。

スマホでもいいのですが、飛行機で22時間もかかる
ため、充電がなくなることを危惧するとやはり
メモとして持っていたほうが良いと思ったのです。

それに、私のスマホはiPhone 5ですので、シムフリー
になっておらず、3日後にauで解約したとしたら
その後、スマホをどうするかも検討中です。

ウィニペグについて、電話で妻と連絡が取れない
ということは、ちょっとでもはぐれたら大変。

異国でスマホのない待ち合わせには自信がありません。

妻は、パスポートの顔写真ページのコピー各人分、
子ども達には、宿泊住所が入れてある名札をつけて
おくようにしてくれています。

海外移住の「空白的な時期」は避けて通れません。

スマホ、銀行口座、クレジットカード、運転免許
ネット環境、ガス水道電気、保険、ホームドクター
これらが不安定な状態な時こそ、家族一丸に
なって一歩一歩進んでいかなければなりません。

まぁ、
それが醍醐味というか冒険的で楽しいのですけどね。

このブログもあっちについて落ち着いてから
書き始めたいと思っています。

いつも読んでくださってありがとうございます。

それでは、また。

※ウィニペグに住んでいる方へ。
スキンヘッドにひげ面、5歳と3歳の子供を連れている
中年オヤジがいたら私です。「ボルさん?」と
声をかけてやってください。きっと人見知りしますから(笑)


にほんブログ村

(Visited 41 times, 1 visits today)