Pocket

8月3日(水)にレンタカーを借りて、
不動産巡りを敢行しました。

レンタカー代は丸一日借りて5000円
くらいでしょうか。空港ではない
ローカルのエンタープライズという
レンタカー会社で借りるとカーナビや
チャイルドシートが借りられません。

「空港のカウンターオフィスに取りに
いくかい?」と聞かれましたが、時間
がなかったので断りました。

すぐ近くでチャイルドシートを買って
戻ってきて、午後から探し始めます。

全く探す拠点がないと探しづらいので、
あらかじめ、Kijiji(キジジ)という
サイトで7、8件のリストを作っておきました。

おもにエジソンアベニューやブライジャー
ストリートに空き情報が集まっていたので、
範囲を決めてレンタカーで廻るのです。

「日本なら不動産屋さんが管理して
いて、現場に行っても無駄だよね?」

と考えながらも、マネージャーや
オーナー等、家主(ケアテイカーと
呼ばれている)に会えることを願い
ながらぶっつけ本番的に現場に行き
ました。飛び込み営業みたいです。

日本に比べて住所は道に対して番号
が振ってあるので、探すのが楽です。

例えば、右サイドが偶数番号、左は
奇数。こちらからこちらに向けて
住所の番号が大きくなっていくという
ような感じで、238 Edison aveの
住所の次はもっと先の360 Edison ave
だからこのまままっすぐ行って見えて
くるアパートメントだとわかるのです。

最初のアパートに近づくと看板が
見えてきました。

「For Rent」や「For leasing」と
賃貸契約募集の文字が書いてあります。

マネージャーと話すためのインター
フォンを押して、
「看板見ました。(もしくはkijijiの
サイトをみました)まだ募集してい
ますか?」と英語で話しかけます。

たった3言
「a room available?」だけでも
通用すると思います。

「どんな部屋がいいんだ?1ベッドルーム
か2ベッドルーム?」

「いつから入居したいと思っているんだ?」

と返ってくるのはまだいいのですが、
「もう満室よ」

「このインターフォンからスマホに
転送されているから仕事から帰った
18時過ぎに来てくれないか」

他にも留守番電話に転送されて
録音された声が流れるだけ
というのも多かったです。

こうして回ってみると不動産会社に連絡
するより、やはり直接現地に行っちゃっう
方がよいと感じました。

10件以上物件を回ったでしょうか?

半分近くがケアテイカーが留守でした。

部屋を案内してくれたのは3件のみ。

そのうち一つはまだ住人が住んでいて
ケアテイカーのおばさんがドアを開けたら
上半身裸のおじいさん(親戚らしい)
が出てきた時はビックリしました。

「ああ、このおじいさんが住んでいる
スメルのあとには住めない・・・(笑)」

安かったけど早々にあきらめて次に
向かうのですが、もう2時間も営業マン
みたいにドアのインターフォンを
訪ねまわって絶望的になっていきます。

16時になったら諦めようと思っていて
16時の10分前に入ったアパートで
奇跡が起こりました。

そこはkijijiに募集を出していたわけ
ではなく、全くの飛び込みだったのです。

すぐ隣のアパートメントのケアテイカー
には、「どうしてここに来るんだ!」と
面倒くさがられた対応をされ落ち込んで
いただけに、出てきたメアリーさんという
家主のおばさんの優しい対応には救われた
思いがしました。

「1ベッドルームね、2つ空いているわ」

「この204号室は今、クリーニングしていて
汚いけどあなたが入りたい日にち16日まで
には綺麗にできるわよ。家賃は月当たり
869ドル(8月5日現在約6万7千円。安!)
ヒート代と水道代込み、駐車場は45ドルよ」
と教えてくれます。

この869ドルの部屋でも良かったのですが、
もう一つの部屋はさらに広くて理想通り
の部屋割で899ドル(約7万円)。

image

「こっちを選びたいです!」

「はい、それじゃ申請書を渡しますね。
ここに必要事項を記入して、ここの住所
の不動産会社に行って契約してください」
と言われました。

(ああ、このおばさんと契約するんじゃ
ないんだ。ってことはまだ契約できるか
わからないってことなんだ)

すぐに行かないと他の人が先に申請して
しまうこともあり得るし、とにかく
ぬか喜びせず、明日この不動産オフィス
に行ってみようと決めました。

日本から来たばかりで学生で職もなく
クレジットカードも携帯電話もまだな
私がそもそも借りられるのかどうか・・・。

不安ばかりが広がります。

必要な書類が何かもわからず
次の日に臨んだのでした。

つづく

42歳の元営業マンが不動産巡りで
頑張っているな~と思ったら
↓ここをポチっと押してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 32 times, 1 visits today)