Pocket

19日目の8月5日(金)はユニオンステーション3階
にあるレッドリバーカレッジのESL教室で英語の
レベルテストを受けてきました。

前にも書きましたが、私はIELTSが5.0だったので
ESLからカレッジ生活がスタートです。
(本科スタートは確か6.5以上でしたっけな?)

本科ではないので、このESL時期は週20時間だけ
働けるという就学ビザ内の規定は適用されません。

まさに私は【穀潰し】のような存在になり果てます。

でも、将来への投資、ボケ防止、学生時代に
勉強しなかった罪滅ぼし、一方、今まで仕事を
頑張ってきて仕事をしないご褒美期間とも
捉えることができるのです。
(などと、自分勝手に意味付けしています)

12時30分の集合時間ちょうどに3階に着くことが
できました。妻と子どもには近くのフォークス
で遊んでいてもらっています。

就学ビザとパスポートを渡してコピーしてもらい、
エントリーフォームのような用紙に記入しました。

4階に移ってテストを待つのはエスパニョールを
話す女性二人と若いアジアンの女性と私の4人。

30分経ってもまだ何も始りません。

13時を過ぎてようやく、
「もう一人来るのを待っていたのですが来ない
ようですので、テストを始めましょう。こちら
の教室に入ってください。携帯などのデバイス
はカバンに入れてこの棚に置いてください」

IELTSのテストのような厳重さで、机には
鉛筆2本と消しゴム1つが置いてあるのです。

テストの内容も一部IELTSみたいでしたよ。

40分のライティングと20分のスピーキングで
ライティングでは2つのタスクがあります。

私の時(2016年8月5日現在)のタスクは確か、

1、友達に手紙を書きましょう。

2、教育についてのエッセイを書きましょう。

というような内容だったと思います。

制限時間いっぱいまで使って書きました。

その後、教室を出てロビーホールで
スピーキングテスト待ちです。

マンツーマンで20分です。2人の先生が
4人の生徒を順番に呼んでいきます。

私は女性の先生で最初に呼ばれました。

「まず、自己紹介をしてください」

名前、年齢、家族と話して、日本から
来たことを話すのを忘れていました(笑)

「なぜ、レッドリバーカレッジを選んだ
のでしょうか?それと、あなたの目標や
夢を聞かせてください」

ここでうっかりしていました。

留学エージェントさんや移民コンサルタント
さんからは、「就学ビザは一時滞在ビザ
のため帰国することを前提にしておいて
ください(永住権や移民については話さ
ないほうがよい)」と聞かされているの
を忘れていて、長く住みたい旨を話して
しまいました。


この部分、よくわからないかと思いますが
ちょっと重要な部分です。

就学ビザ保持者はカレッジで勉強する
ためだけ、さらにその有効期間内だけ
カナダにいていいわけです。

いくら移民に比較的優しいカナダとはいえ
就学ビザ経由での不法労働者や不法滞在者
になってしまうような人は受け入れたく
ないでしょうし、カレッジからすれば、
永住権をとってしまったら通わなくなる、
学んだことが生かされなくなること等を
危惧しているのかも知れません。

就学ビザをとるのも厳しくなっていて、
英語を習ったことを生かして日本に
帰って活躍することを証明する書類
が就学ビザ申請時に必要だったように、
「永住」という言葉はカレッジでは
禁句だったようなのです。

「永住権?あなた永住権を目指しているの?」

先生の目つきが厳しくなり、態度が
変わったように思います。

もしこれから就学ビザを考えている方は
留学エージェントさんや移民コンサルタント
さんにこの辺をしっかり聞いておいて、
私のように本番で失敗しないよう気を
つけてください。

2016年9月6日追記:
Jillian先生に確認しましたが、私の
気のせいだったようです。

このようなことがあると気持ちが凹みます。

「ああ、私がカナダ・ウィニペグから
受け入れられるようになるのには、
まだまだ距離があるのだな~」

「本音と建前を使い分けなければならない
のはどこにおいても同じなのかな~」

などなど、考えさせられました。

その後のスピーキングテストは、
写真を10枚見てこのストーリーを
説明してくださいというもの。

車椅子に乗った男性が外から帰って
きて妻が料理するのを手伝うという
ような写真が並ぶのですが、日本語
でも難しいのに英語で描写しなけれ
ばならないのは罰ゲームのようでしたよ。

テストの結果も良いものだと思えなかった
ので、落ち込んで家族のもとに帰ったの
ですが、妻や子ども達の顔をみたら、
だんだん元気が出てくるから不思議です。

「この家族のために頑張ろう」

独身時代は「世のため人のため」と
世界を大きく、貢献を考えていたけれど、

今、この時期は勘弁してほしい…(笑)

娘が5歳、息子が3歳。

この可愛い盛りにずっと一緒にいられて
本当に幸せで、我が家族だけの小さい
世界だけど、この世界にどっぷり浸って、
やがて、この世界から大きな世界を
作って(貢献して)いきたいと思う
ようになっているのです。

このように、たまにブレたり、
ないもの欲しさが出てくるのですよね。

頭の中で、そのささやかだけど大切な目標
や欲求である『家族だけの幸せ』に対して
「それでいいのか?」とささやく自分がいて、
一方で「言い訳じみて書かずに今と自分を
信じていいんじゃないの?」
と、ささやく自分もいるのです。

もしかしたら、RRCでのレベルテストって、
今の自分の器量や成熟度のレベルテスト
だったのではないかと思い始めています(笑)

いずれにしても、このようにテストを
受けたり、その結果落ち込んだりすると
「自分の身の丈」と直面することが
できるからありがたいことです。

ただ、そんな落ち込むことや、そもそも
今は自分だけのことなどどうでもよく、
家族と楽しめる時間を増やせ、幸せに
なれればと思っています。

そこに今の私の原動力があるのですから…。

それでは、また。

P.S.1
レッドリバーカレッジへ次に行く日は
8月29日(月)のオリエンテーションの
日となります。

P.S.2
8月6日の20日目は、IKEAでシーツや収納用品
を買って、夕方は子ども達をプールに連れて
行きましたよ。

※備忘録(8月6日の支出)
100円ショップ(DOLLARAMA)で17.39ドル+IKEAで昼食21.42ドル+IKEA81.87ドル
合計120.68ドル。

レッドリバーカレッジを目指して
いる人でちょっとでも役立ったと
思っていただけたら、ここを
↓ポチっと押してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 38 times, 1 visits today)