Pocket

7月18日からカナダのマニトバ州、ウィニペグに移住して
8月17日までの1ヶ月間で4人家族でいくら支出があり、
一か月どうだったのかを総括してみたいと思います。

私が海外移住をするに当たって知りたかったことは、
「だいたいいくらくらい持っていたら移住できるだろう」
という概算。

日本人の多くが、移住を考えるに当たって、
「そんなお金ないよ」「子どもがいるし」などという
マイナスキャンペーンが始まってしまうような気がします。

だったら、日本国内で引越しする(もしくは一軒家を建てる)
のとどれくらい違うのか、英語以外の何が障害となりうるのか
を考えてみたいと思ったのです。

もちろん、家族構成や特質がそれぞれ違いますので、一概には
言えないことは前提として、我が家の場合を書きたいと思います。

我が家のスペック。(2016年8月現在)

1、夫42歳。海外赴任の経験あり。英語は中級。段取り好き。料理が趣味。
2、妻32歳。インド放浪の経験あり。英語は初心者。寿司職人。倹約家。狩人。
3、娘5歳。世界が自分中心で回っていると思えている幸せ者。自己主張が激しい。
4、息子3歳。恐竜が怖くて泣くも、最近は泳げるようになる頑張り屋。肉大好き。

基本的に虚栄心がなくタバコやギャンブルなどで散財せず真面目な家族です。
人づきあいは苦手ですが、人に助けられてここまで生きてこられました。
ありがたいことです。感謝しかありません。

この家族が初めてのカナダ・ウィニペグに来て1ヶ月間で思ったこと。

「思っていた以上に移民に優しい」
「日本の夏に似て蒸し暑く、蚊が多い」
「蒸し暑いのに朝晩は乾燥する。冬はもっと乾燥するだろう」
「皆、冬の寒さや苛酷さを嘆いているので冬の来るのが怖い」
「ウィニペグは結構都会で、バスが便利。でも車があったほうがよい」
「ウィニペガーは怖そうな顔の人も実は優しい人ばかりだ」
「物価はそれほど安いとは感じないが、家賃はお得だ」
「やっぱり移住してきて良かった(←ここ重要)」

まだ冬を体験していないので何とも言えませんが、
以上のような雑感を持つことができました。

いやなことを挙げるとしたら、

うーん。

なんだろう?

運転免許の筆記試験で日本語バージョンがないこと。

たいていルーズなのに、変なところできっちりして
いて手続きの結果が読めず、カナダ人の気分次第で
結論が変わるところなどでしょうか?

蚊が多いのが一番嫌かも。(部屋には入ってこないけど)

そのうち、「寒さ」が一番になるのかな?

さて、

お待たせしましました。

一か月の支出の合計です。

【5554.14ドル】(8月20日現在のレートで約43万円)

結構細かくつけていたので、誤差は少ないと思います。
(一人暮らしで移住を予定の方でしたらこの3分の1
くらいを見積もっていたらよいかと思います)

8月分の家賃と敷金(900ドル)を含んでの支出で、
主に寝具やカーペット、食費、生活用品一式に
お金が費やされています。

レンタカー代、バス代などの移動費も地味に積み
重なっていきますので、早めに車を買ってしまう
ほうが良いかもしれませんね。

海外移住準備直前まで日本でかかった費用は
前の記事にも書いたように
「約120万円」ですが、この120万円に食費等の
生活費は含まれていません。

今回はすべて込み込みの支出となります。

大きな冷蔵庫や食器洗浄機、コンロ、洗濯機は
あらかじめアパートに設置されていますので、
買わずに済みましたし(多くの物件で上記の設備
はついています)日本から持っていくもの次第で
こちらでの支出が変わってくるのかもしれません。

電子レンジとトースター、テレビ、プリンター
電気スタンドはこちらで購入しました。

ただし、子ども用自転車(定価3万円)は分解
できるものでフレーム内に色々と詰め込んで、
タイヤは他のスーツケースに入れて持ってき
ましたし、ハンディーなダイソンの掃除機、
パソコンも日本から持ってきました。
(パソコンは変圧器に通して使っています)

家電は電圧が微妙に違く、電流が日本より不安定
ですのでカナダで売られている電化製品を買った
ほうが保障もあるし良いと思います。

前の記事でも書きましたが、飛行機で無料で
受託荷物として持ってこられる上限ギリギリを
攻めて4人分持ってきたので、引っ越し代が
かかりませんでした。

国際引越しを頼むとなったら私達の荷物だと
おおよそ2、30万円はかかっていたことでしょう。

そう考えると、この1ヵ月の支出はそれほど
悪いものではないと考えられます。

3か月くらい経ってようやく移民生活が軌道に
乗ってくる(車の購入や、生活リズムの安定、
そして、職につく等)でしょうから、また、
3ヶ月経った時点での雑感と支出を書けたら
と思っています。

移住手続きはおよそ1ヵ月で落ち着きます。

あとは免許と中古車購入。

できればソファーやテレビ台などの家具、
そして冬を乗り切れるための防寒具や
レジャー用品、ゲーム機?なども欲しいので
揃っていくイメージを引き寄せたいと思います。
(貴重な情報をくれた方、ありがとうございます)

まだまだ課題は多いですが、着実に進んでいます。

次回は、ウィニペグ移住後どのように動いたら
最短で諸手続き(銀行口座や行政関係、免許等)
が完了するか考察してみたいと思います。

お楽しみに!

「このような生の情報が欲しかったんだよ」
と思ってくれた方がいらっしゃったら、
↓ここをクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(Visited 82 times, 1 visits today)