Pocket

今回と次回で、私が今現在(2016年11月26日)体験している
レッドリバーカレッジ留学について、ブログを読んで
くださっている様々な方から質問をいただいた内容を
もとに所見・雑感を書いてみたいと思います。
(今回と次回はウィニペグ留学希望者さん向けの投稿です)

ご質問をいただいた時はまず、
「最新情報ではありません」
「学校やプログラム内容によって違ってきます」
「留学エージェントさんは無料ですから
必ずそちらにご相談されて確認をお願いします」
という前置きをしています。

私の取りたいプログラムも最近新しい別のプログラムが
できたため、カレッジ内でさえ情報が錯綜しています。

このブログに書いてあったからということを根拠に
手続きを進めたり、計画を立てることはしないよう
あらかじめお願い致します。
(すぐ古い情報となりますから)

入学許可証を得るに当たって、まず、
高校の【成績証明書がもらえない年齢】という問題
が発生します。高校によって卒業後20年以上経つと
成績証明書が出ないのでカレッジ入学の条件として
【数学の成績】が確認できなくなるという問題も
同時に発生するのです。
(卒業証明書は永年でもらえるはずです)

成績証明書が発行されない年齢のかたは、カナダに
来てから数学のテストを受けることになります。

「ただでさえ英語が苦手なのに、英語で数学の
テストを受けるなんて!」と嘆きたくなりますよね。

でも数学と言っても算数に近く、あらかじめカレッジ
から過去問をもらえるため、対策ができると思います。

ちなみにレッドリバーカレッジでは担当者に申込み
40ドルの手数料を払ってからノートルダムキャンパス
でテストを受けることができます。

入学許可証は学校によってだいぶ違うようです。
レッドリバーカレッジは厳しくなってきていると
聞いていますし、実際、私も入学許可証をもらう
だけで1か月以上もかかってしまいました。

なぜなら、別の問題である
【英語の成績がよくないと希望のプログラムに
直接入学できない(ESLに通う必要がある)】
という条件が入学許可証発行に歯止めを
かけていたからです。

私は初めて受けたIELTS試験で5.0でした。

IELTS6.5以上でないとプログラムにすんなりと
入学できないため、ESL(=語学学校)に通う
ことになるのです。

カナダ入りしたらレッドリバーカレッジから
クラス分けテストの日程が留学エージェント経由で
送られてきますので、4,5人の受験者とともに
IELTSのようなテストをレッドリバーカレッジの
ESLクラス校舎(ユニオンステーション3階)で
受けるのです。くわしくはこちらの記事

この時に、頑張っておくとESLに通う時期が
4カ月で済む人(カナディアンベンチマーク(CLB)7相当)
8カ月になる人(CLB6相当)
12か月になる人(CLB4~5)などに分けられます。
(4カ月を1タームと呼んでいます)

でも、IELTSの成績で分けられているのだとも思います。

私はCLB6相当のクラスに入ったので、自動的に2ターム
(8カ月以上)通うようになりました。(最初の4カ月で
CLB7になって8カ月後にCLB8になるシステム)
注:出席日数や試験の結果により、留年のような
留タームがありえます。

4カ月で約4,500ドルがESLに通うと必要ですので、
8カ月で約9,000ドル以上が必要となります。
(今週、次の4カ月分の4,499ドルを支払ってきました)

8月29日~12月16日までが1タームでした。

2ターム目は1月10日~5月5日まで。

プログラムのほとんどがCLB8以上にならないと入れない
ため、ESLでCLBの認定を受けなければならないのです。

認定とはアセスメントと言われ、リスニング、ライティング、
リーディング、スピーキングの各アセスメント(≒先生が
評価すること)の一定評価を受けないと進級できません。

タームの後半になってくると毎日のようにアセスメントが
あり、テスト三昧といった感じです。

※次回の投稿ではアセスメントやクラスについて、詳しく
書いてみたいと思います。

留学を希望している方は期待して良いと思います。

本当に話せるようになりますし、よいカリキュラムです。

先生も良い人が多く、レッドリバーカレッジ自体、
しっかりとしていて、最近では警察官や消防職員を
呼んで、治安や防犯、防犯についてレクチャーを
してくれました。保険も充実していますしね。

私は満足していますが、レッドリバーカレッジでは
なくても良いという学生さんの話も聞いています。

ウィニペグへ留学希望のかたはご自分でよく調べて
さらに留学エージェントさんにご相談されてから
じっくりとプログラムを決めた方が良いかと思います。

その他、詳しい内容は次回の投稿をお楽しみに。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計75.05ドル】

留学希望のかたで、この記事が役立ったと思いましたら
↓ここをクリックしてランキングアップにご協力ください。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 93 times, 1 visits today)