Pocket

今朝は底冷えがして娘をキンダガーテンに送って
帰ってくるだけで、鼻とほっぺたが真っ赤になり
霜焼けの一歩手前です。

娘の友達のお父さんと幼稚園前でしばらく立ち話を
したのですが、4年前の寒波で耳が凍傷になって
しまって今でも痛むとのこと。

スキーで使うような目だし帽を買ったほうが
良さそうです。でも、眼鏡が曇るんですよね。
曇るとすぐグラスが凍るので眼鏡をしない
ほうが良いかもしれませんね。

娘の幼稚園ではもうすぐ子ども達が歌うクリスマス
コンサートが開かれるそうで、うちの娘もほぼ毎日
クリスマスソングを練習しています。

クリスマスというイベントにおいて、ボランティア
ドネーション(寄付)の呼びかけがあります。

これはサンクスギビングやハロウィンなどでも
同様の呼びかけがあったので、ボランティアは
無理でしたが、寄付金という形で参加しています。

『寄付』

なかなか慣れません。

『チップ』

と同じくらい気を遣います。

例えば、あなたが海外のレストランでチップを
払う時、どのようにチップ額を計算していますか?

合計額の15%がチップの相場でしょうか?
(と、この「相場」というものにとらわれて
しまうのも私が慣れていない証拠です)

25ドルという請求がきたら、その15%を
足していくらになるかすぐにわかります?

いまでさえ、スマホに計算機がついて
いますからすぐ計算ができますが、
簡単な方法は、
『請求金額を3倍した数を半分にし、一ケタ減らす』
と私は習いました。

25ドル×3=75ドル。

75ドルを半分に割って37.5ドル。

まさか請求金額より多い37.5ドルがチップな
わけがありませんから、一ケタ減らして
(=10で割って)

3.75ドル。

つまり3.75ドルが25ドルの15%チップでして、
3.75+25=『28.75ドル』が最終的に支払う
目安の金額になるのです。

【請求金額を三倍した数の半分を10で割る】

そうやって、いつも苦労して計算してきたのですが、
カナダでは、外食に対する消費税が13%なので、
伝票の内訳の消費税欄とほぼ同じ金額をチップとして
計上すれば良いということを教わりなんだか
ガッカリしたというか安心したというか・・・。

さて、
チップはまだ10~15%という目安がありますが、
ドネーション(寄付)はいくら払え良いのか
未だに迷います。

近くのスーパーに「2ドルを寄付すれば
ポイントカードにポイントをつけますよ」
というキャンペーンが行われていました。

街中では、募金や寄付を募る人たちが多いです。

基本的にはできる人ができる範囲で行うのが
良いかと思いますが、「お気持で」というのが
日本でよくある『お坊さんへの心付け(読経や
戒名に対するお礼)』を思い出させてちょっと
斜に構えてしまうのです。

カナダの寄付文化というものにもうちょっと慣れる
必要があるように感じています。

慣れると言いますか、いい加減、自分でルールを
決めてしまっても良いのかもしれませんね。
(あなたはどのように寄付に対応していますか?)

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支払い)
【合計120.87ドル】

いつも読んでくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加すると読者が増えるらしいです。
お陰様で少し増えてきまして、ウィニペグへの移住情報
としてためになったというコメントをいただいております。
そのため、引き続き下記の「海外永住」というボタンを
押してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 2 times, 1 visits today)