Pocket

冬休み最後の土日は家族でお買い物に出かけたり、
家でポップコーンを食べながら映画を見たりと、
充実した週末になりました。

道路は除雪車のお陰でだいぶ雪がなくなっていますが、
ちょっと裏に入ると雪がだいぶ残っています。

大きな除雪車が通ると子ども達は興奮して見ています。

春になると道路がだいぶ傷んで、穴が空くところもあるとか。

アパートの裏の排水溝はツララになっていましたよ。

水道管も含めて管は氷になる膨張率で破裂してしまう
場合があるので怖いですよね。

最近聞いた話で、アパートの部屋の空気を入れ替え
ようと窓を開けてたら、あまりの寒さで窓枠が凍って
しまい窓が閉まらなくなってしまったのだとか。

そのような話はよくあるのですが、続きがありまして、
開けたままだったからそのうち水道管が凍ってしまい
破裂し、破裂した水圧と水の逃げ道がアパート内の
電源を漏電させ【全室停電】。ひぇー!

セントラルヒーティングが停まるわけですから、
全室冷蔵庫以上に寒くなっていくのです。

雨が降れば桶屋が儲かる的な話として、
『ウィニペグで冬に窓を開けると寒さで死にそうに
なると同時に損害賠償が大変なことになる』という
伝説的な話を聞いたのでした。

寒さは車も疲弊させます。

あまりの寒さでエンジンが動かなくなったなんて
話もリアルに聞くことができるのです。

こちらの車は寒冷地仕様ですので、エンジンを
外部から電源をエンジンに通すことで温めて
凍結を防ぐことができます。

ガレージに入れない車は、駐車場にすでに
電源が付いていますので、そこからコードを
プラグに差し、最悪の事態を防げるのです。

これらの寒さへの対応や慣れは必要ですので、
「自分達だけは大丈夫だろう」という根拠の
ない自信を持たず、少なくとも1年目は
ウィニペガーの言うことを謙虚に聞く
必要があると思います。

家に無事に帰れた時に達成感や安心感は
格別で、子ども達なんか
「やはり家に帰ると安心するね」と
大人みたいなことを言っています(笑)

寒さのお陰で「生きている感」が増して
いるのかもしれませんね。
ありがたいことです。

月曜日から娘のキンダガーテンが始まり、
火曜日からは私のカレッジも始まります。

新しい日常を寒さを苦にせず楽しんで
いけたらと思っています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計105.48ドル】

ブログランキングに参加しています。
↓ここをポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 22 times, 1 visits today)