Pocket

ウィニペグ、最近暖かいです。

雪が降らずに雨が降ったので、道路の雪は
どんどん溶けて、ビチョビチョのドロドロ。

長靴で歩かないと大変なことになります。

凍っていたレッドリバーも溶けてきているので
アイススケートができません。

そんなこんなで週末、どこにも遊びにいきませんでした。

車があったらどこかドライブにでも、ということに
なるのかもしれませんが、シャーベット状になった
道路でキュルキュルと後輪を滑らせている車を
みていると、車を走らせたくなくなります。

雪解けの水と道路に撒かれた塩化カリウムで多くの
車はものすごく汚くなってしまっていますよ。

これらの状況が「ウィニペグ生活はつらい」
と徐々に思考に浸食していくのだと思います。

でも、すべてに人にとってつらくはなりません。

週末みっちり子ども達と家で楽しく過ごせ、私は宿題を
済ませることができ、お金を使うこともなく、幸せな身分
だと思います。(妻は土日も夕方から仕事ですが)

今日、除雪されて溜められた雪山が溶けてだいぶ小さく、
汚くなっていくのを窓からボーっと眺めていると、

「お!何だかかき氷みたいな模様だな」

不意に、あずき氷を思い出しました。

「そうだ!これらの雪を食べてくれる生物を作ったらどうだろう?」

妻は、

「生物? いやいや、
ただ機械的に雪を水に浄化できればいいんじゃない?」

しごく真っ当でロマンのないことを横で言うのですが、

「浄化したって水だから重たいじゃん。容器が必要になるし」

思わず同じ土俵に乗りながらも、

「そうだ! 白い雪だけじゃなくて、汚れた(味がついたような)
雪が大好きな異星人を地球に連れてくれば良いのじゃないか?」

と、さもこのアイディアで特許かノーベル賞がとれたかの
ような物言いをして、妻を呆れさせていました。

さすがに生物や宇宙人は軌道が外れ過ぎているにしても、
雪の再利用、特に「その汚れた雪、うちで引き取ります!」
というアイディアが仮に成立したら、ウィニペグで莫大な
利益を得ることができるだろうと妄想してしまいます。

話はそれますが、昔、

人力検索「はてな」というヤフー知恵袋みたいなサイトに
「雨が降ると「やったー!うちは儲かるね」というビジネスが
あったら教えてください」という質問をしたことがあります。

「雨降って桶屋が儲かる」という間接的なものではなく、
雨が降ることが必要充分条件で降り続ければ降り続くほど
喜ばしい状態になる人はいるのだろうかという質問です。

答えとして多くの方が書いてくださったのは、
「タクシー運転手」「宅配ピザ屋」「コインランドリー」
「ショッピングモール」「傘・レインコート販売」。

あなたは何か他に思い浮かびましたか?

妻は「ダムの貯水池管理の仕事」と言っていまして
私のイメージ一番近かったです。

なぜなら、タクシー運転手にしても宅配ピザにしても
果たして本当に雨を喜んでいるでしょうか?
雨が降ると確かに売り上げは若干上がるかもしれませんが、
雨が降らなければならない仕事ではないはずです。

そう考えると、
雨が振ることで「やったー!頑張るぞ~」と喜ぶほどの
仕事は本当にあるのでしょうか?

同様に、

雪が降って、汚く溶けていく状態、ぬかるんだ大地を
プラス方向で改善できる方法があるのではないか?
(人類はまだその方法を見つけていないから、
ここにチャンスがあるんじゃないかと・・・笑)

この問題は「水はけや治水を良くして」という話では
ありません。また、雪解け水があるから自然が
保たれているという部分ももちろん重要です。

水力発電や環境問題、上下水道の話も必要としながら、
『除雪されて放置されたどうしようもない雪の処理』
をどうするかを解決できる方法はないものなのか?

「その汚い雪、任せてください。喜んで!」

という仕組みができたら・・・うっしっし。

(まだ思い浮かばない場合は、汚い雪をかき氷の
ように愛する異星人を連れてきてですな・・・笑)

このように妄想していくと、ウィニペグでの生活も
楽しいものに変わっていくように思います。
(え?「ボルさんだけだろ」だって? そんな~)

もし、それらの仕組みを作れたらウィニペグで
日本人村を作ってコミュニティーレベルで運営
していきたいと思います。(あ~妄想って楽しい)

実現への具体的なご意見や感想があるかたは
是非ご連絡ください。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)・・・なし

無駄に前向きと言うか楽観的なおっさんの
独り言を応援したいという優しい方はぜひ、
↓ここをポチっとクリックしてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 20 times, 1 visits today)