Pocket

土日は3度くらいまで上がるのですが、月曜日から火曜日
にかけてストームが来るという予報になっています。
おそらく大雪になるかと・・・。

先日、レッドリバーカレッジの本科キャンパスに行ってきた時に
その周辺の写真を撮ってきました。

ちなみに本科はエクスチェンジ・ディストリクトキャンパスの↑ここと、
ノートルダムキャンパスが有名です。

さて、これからご紹介する街並み。

The Exchange District(商業取引地区)と呼ばれるこの地域は
19世紀後半から20世紀前半までウィニペグが急成長をとげ、
「北のシカゴ」とも呼ばれていました。

どことなくシカゴのギャング映画に出てきそうな雰囲気、
特に梯子階段が雰囲気を醸し出していますよね。

当時、シカゴの建築学校出の建築家が設計を担ったため、
このような街並みになっているのだとか。
(地球の歩き方:カナダ:ウィニペグより)

オシャレなお店やレストランも近くに点在しています。

オシャレなレストランは何件か入りましたが、
「この高い値段で、この少ない量か!」と
驚かされます。味は良いのですけどね。

前にも書きましたが「これぞカナダ料理、ウィニペグ名産」
というのはありませんので、ご自分の好きな分野の料理
(例えばベトナム料理等)を攻めたほうが良いと思います。

ダウンタウンの北にはチャイナタウンがありますが、
他の都市のチャイナタウンよりかはまとまりがない
というかお店が散在しています。

たいていのお店の玄関には鉄格子が備え付けられて
いるため、防犯に気をつけているとわかる一方、
鉄格子の物々しさが寂れている様子を助長して
いるような気がします。

私は夜にダウンタウンにいたことがほとんどないので、
どのような雰囲気になるのか未だにわかりませんが、
夜は犯罪が多いと聞いています。犯罪率は他の州より
高いため、夜のダウンタウンは避けた方が無難かも
しれません。

日中、ダウンタウンに着くと「お金を恵んでくれ」と
近づいて来る人や、ホームレス、そしてたまにジャンキー
に出会うことがあります。

ウィニペグの負の部分、闇の部分はやはり70万人都市
なのですからあって当たり前ですが、巻き込まれない
ようにしなければなりませんよね。

次回に、ウィニペグで出会った変な人やちょっと怖い
経験をしたということを書いてみようかと思います。

お楽しみに。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計140.71ドル】スマホ代・通信費含む

ウィニペグの雰囲気が伝わってきて良いと
感じてくださったら以下のボタンを押してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 16 times, 1 visits today)