Pocket

今回はマニトバ州ウィニペグでのインターネット接続について
日本語の情報が少ないためちょっと書いてみたいと思います。

MTSはマニトバでは知らない人がいないくらい有名な
通信会社ですが、日本人には知らない人も多いはず。

まず、正式名称。Manitoba Telecom Services Inc.

そして、2016年5月にBell(通信最大手)に39億ドルで買収され、
来週3月17日から『Bell MTS』にブランド名が変わる予定です。

私はスマホはMTSにしていますが、前に投稿しましたように、
インターネット通信(Wifi含)はMTSに契約した時の6カ月
半額特典がなくなるため、Shaw(シャウ)というこれまた
カナダ大手のネット通信会社に替えたのでした。

ちなみにMTSの契約を終わらせたい時はただモデム(黒い
ボックスとコード類)を近くのMTSコネクトセンターに
持っていくだけで大丈夫です。

Shawにしてからというもの、全く問題なくむしろ調子が
良いように思います。1カ月50ドルとちょっと高めですが
無料で使えるWifiスポットが多いのが魅力です。

スマホでWifiスポットに無料でつなげるにはどうしたら
良いか妻が探してくれていたのですが、日本語サイトは
見つからなかったということで、やはり直接Shawの
ホームページを面倒臭がらず読むことにしたのでした。

今回はその設定の仕方を説明する記事ですので、
関係ない人にはまったく意味がなく、申し訳ないです。

Shawにネット契約する人だけ読んでくださいね。

まず、ShawのホームページからMy Accountを作ったら、
My Accountにサインイン(ログイン)します。

左のコラムにMy Profile、My Billsに続いてInternetが
ありますのでInternetをクリック。

『Shaw Go WiFi Devices』欄の「+Add a device」ボタンをクリック。
(私の一番安い契約でも8つのデバイスを使えます)

この画面になりますので、MACアドレス(=Wi-Fiアドレス)という
12ケタの文字・数字が必要となります。

この12ケタをどこから持ってくるのかがわからなくなって
しまうかもしれません。iOSかAndroid、WindowsかMacの
OSのどれを使うかで12ケタがわかる場所が違ってきます。

まず、iPhoneやiPadなどのiOSの場合。

1、Settings=設定
2、General=一般
3、About=情報
4、WiFi Address=WiFiアドレス

で12ケタの文字・数字を確かめることができます。

Androidの場合。(私は持っていないので日本語対応は微妙)
まず、メニューボタンを押す。
次にSelect About Phoneとありますので
「電話についてを選択」となるのかな?
ステータスをタップしてWi-Fi MAC Address欄に
12ケタを確認してください。

Windowsの場合。

1、スタートボタンから検索ボックス(=検索の開始)
にただ「コマンドプロンプト」もしくは「cmd」と入力。

2、新しい黒い画面が出てきますので、入力待ちをしている
かのような点滅下線に「getmac」と入力してエンターキー。

3、「物理アドレス」と書いてある下の最初の12ケタが
Wi-Fiアドレスとなります。

Mac OS Xの場合。(持っていないため英文説明をコピペ)

Click the Apple in the top left-hand corner and select System Preferences.
Select Network.
Click Advanced.
The WiFi Address should be at the bottom of the screen.

12ケタの文字・数字を入力すると「Add Device」ボタンを
押すことができますが、Device name欄に例えばご自分の名前
やデバイス(機種)の名前などを入力しておくと便利です。

このようにあらかじめ設定しておくことで数多くのShawの
無料Wifiスポットにアクセスできますよ。

以上、お役に立てる人が限られる情報でした。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計56.59ドル】

英語で調べるのが面倒な場合、このようにちょっとでも
日本語で案内があると便利ですよね。お役に立てたのでしたら
以下のボタンを押して、ランキングアップにご協力ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 197 times, 1 visits today)