Pocket

カナダ時間で昨日土曜日はお弁当を作って近くの公園で
ピクニックをしましたよ。

まだ蚊が出ないのでピクニックにはよい季節です。

日本からお弁当箱を送ってもらっていたので、
子どもたちは大喜びで完食してくれました。

おやつは子どもたちのリクエストでティムホートンズ
の小さなドーナツ=ティムビッツ10個入り。
(チョコレート味が安くて本当に美味しい!)

自然の多い公園で食べるとまた格別に美味しいですね。

 

日曜日はいよいよ購入したいと思っている不動産の
オープンハウスの日ですので、勝負パンツをはいて(笑)
目的の物件へ家族で出かけました。

広くて安くてよい物件ですので、オープンハウスに
来ている人の数が多いのなんの。

これだけライバルがいると思うとゾッとしましたよ。

ネットの写真で、妻と私はピンときて「ここはいいね」と
話していたのですが、実物を見るまではあまり期待しない
ようにしていました。(とはいっても前の日は興奮して
妻は眠れなかったようです。笑)

中に入ってみると、予想通りに日当たりがよくさらに
庭の状態が良いのでワクワクしてきます。

地下のベースメントはあまりに雑なのでガッカリでしたが
逆にベースメントをどう手直しできるかが楽しみになります。
(どなたかリフォーム得意な人知りませんか?)

いつものオープンハウス以上に時間をかけて見回り、
フローリングがやや歪んでいるというか傾いている
のが気になり、明日、不動産仲介業者と一緒に再度行く
時にインスペクター(不動産調査員)を紹介してもら
おうかと思っています。

1913年に建てられた104年も経つ物件で、地震が多い
日本からしてみれば信じられない古民家になりうる
わけですが、こちらカナダでは100年選手は多いです。

100年以上経っても、手直しされ、住み直されて、
不動産価値が下がらないというのは日本では信じ
られないことですよね。むしろ毎年上がっていく
(去年より不動産価値が約50万円以上上がっている)
わけですから、不動産を購入するということは
ある意味、良き投資につながると思います。

 

以下は私の思い違いも入っているかと思いますので
話半分に聞いてくださいね。

私の言う『良き投資』というのはどういうことか。

まずこの写真を見てください。

とある不動産会社のホームページ一部分にあります。
入力すると自動計算で月々の支払いがシミュレーション
としてわかるツールです。

不動産価格を180,000ドル(1450万円くらいでしょうか?)
として設定してあります。こちらウィニペグの外れでは
約1450万円で2ベッドルームの小規模家族向け一戸建て+
土地代を購入できてしまうという現実がまずあります。

東京で生まれて育った私には「桁が違うじゃないか!」と
ビックリし、購入範囲だと興奮しはじめました。

マニトバ移住の良いところの一つはやはり物価(特に家や
家賃)が安いところにあると思います。

さて上記の写真をもう一度見て下さい。月々の支払いは
1026ドル(8万円ちょっと)と示されています。
(固定資産税と利子込ですの数字です)

今住んでいるアパートが約900ドルですから悪くありません。

「ダウンペイメント(頭金)」という欄がいまだに
ゼロになっているわけですが、もし永住権をもっていたら
頭金は購入価格(この場合1450万円)の20%で済みます。

一方、永住権がない場合、頭金は35%必要です。
(つまり1450万円×0.35=約5百万円)

カナダドルで180,000ドルの35%=63,000ドルを先の
写真の「ダウンペイメント欄」に入力してみましょう。

自動計算で月々の支払金額が728ドル(約5万8千円)まで
下がりました。(もしも180,000ドル借りられたらだが…)
もちろん他にも水道光熱費や他の保険?など維持費が
上乗せとなり、月々1000ドルになるかもしれません。

追記:頭金はすぐにオーナーに払ってしまうわけですから、
購入価格(180,000ドル)- 頭金(63,000ドル)=
117,000ドルがローンの総額となりますので、
月々の支払いはもっと楽になるでしょう。

アパートの家賃として900ドル毎月払っていますが、
月々の支払いが安くなるばかりでなく、資産になります。
しかも価値が下がることがない資産に・・・。

『良き投資』の意味の中には「もしも家のどこかを人に
貸すことができたら家賃収入だって得ることができる
という側面もあります。(当然、確定申告することになります)

ただし、大前提として頭金35%を用意でき、
その後の生活、特にキャッシュフローを
シミュレーションできるかが問われます。
(と、偉そうなことを言っていますが、
43歳にもなっていまだに親に助けてもらい、
頭金が用意できました。感謝しかないです)

このようなことを赤裸々に書くことはあまり
行儀の良いことではないのかもしれません。

一部のアジア人が土地を買いあさって地価が荒れ
過ぎたなんてことが起こっているからです。

しかし、海外移住を本気で最短で成功させたいと
思うなら、これらのお金のことを真剣にかつ、
楽しみながら考えていく必要があるように思います。

特に家族連れの場合は・・・。

 

カナダ人がなぜ頻繁に引っ越しができるのか。

一度、家を持ってしまえばその資産をもとに
次の家を買うことができるからだと気づきました。

まだ移住して1年も経っていないカナダでの信頼が
ない私たち家族がどのように住宅を手に入れるか…。

「手に入れられなかったら恥ずかしいから日記に
書くことはやめておこう」などと考えた時点で
おそらくその現状を引き寄せてしまいそうですし(笑)
手に入れた後の報告やステップもためになるで
しょうが、そんな結果論的な日記、面白いですか?

あなたと一緒にワクワク、ドキドキしながら
住宅購入についてもリアルタイムで書いて
いけたらと思っています。
(カレッジの宿題多くて頻度は書けませんが)

引き続き私のブログの応援、よろしくお願いします。

それでは、また。

備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計179.67ドル】妻のバスICカード50ドルチャージ含む

具体的に応援といえば、以下のボタンを押してから
退出してくだるとブログのランキングがあがるので
私のモチベーションアップになります。
今日も以下のボタンをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村