Pocket

昨日は雨だったためバーベキューはできず、韓国人のクラスメート宅で
美味しい韓国料理をいただきました。私たち家族以外は韓国の方々でしたが、
彼らは韓国語を使わず会話の9割は英語でした。奥さんでさえ旦那さんに対して
韓国語ではなく、たどたどしい英語を話し続けていたのです。

どういうことかと言いますと、ちょっと想像していただきたいのですが、
あなたが英語圏に住んでいて、日本人の友達2家族と日本語が話せない
1家族が一緒に会食をしているとします。

あなたは日本語が話せない友達も会話に参加しやすいように、同席して
いる日本人たちと英語で話し続けているイメージ
ができますか?

少なくとも私には耳が痛いことでして、実行できていません。

ウィニペグにきて、伴侶が日本語を話せない(カナダ人)というご夫婦
とご縁をいただくことが増えましたが、私は日本人のご主人(or 奥さん)
と日本語が話せない伴侶の前で英語で話しているだろうかと言ったら、
まったくできていません。

(ん?その友人(日本人)は英語で話すことを望んでいるのだろうか?
今度、聞いてみよっと。)

カレッジのクラスメートは中国人が多いですが、彼らは同郷であろうと
英語で話すようにしています。(英語で話さないと先生に怒られると
いう理由もありますが)やがて英語がさらに上手くなっていきます。

情けないことを言いますが、私は同じクラスに日本人がいなくて
本当に良かったと思っています。

それは、日本語を使ってしまう環境になってしまうからではなく、
自分の英語に自信が持てず、それをさらけ出す勇気がないからです。

同時に、私の問題だけではなく日本社会(教育)に『中途半端な英語を
話す日本人への軽蔑、偏見、そして優劣をつけたがる気質』が何代にも
わたって存在しているような気がしています。

これは実際に以前体験したことですが、
「ネイティブスピーカーみたいな発音真似して恰好つけてるよね」
というシニカルな言葉をかけられたことがありました。

他人から言われるより、自分から自分に対する言葉・思考のほうが
心理的影響が大きいのかもしれません。例えば・・・

「発音良く英語を話したら、相手に私が英会話ができると思われて
しまいどんどん話しかけられてしまうのではないか」
という自意識過剰的な怖れ。

「ちょっとでも間違えたら通じない?恥ずかしいのでは?」
という完璧主義的な心理。

「あの人(日本人)のほうが英語が話せるから私は英語を
話したくないし、話さなくても済む」という逃げ・・・。

これではいくら語彙や文法をインプットしても、上記のような
心理的な障壁があるうちはアウトプットできないのだと思います。

それでは、どうしたらよいのでしょうか?

そのヒントを今回、韓国人の皆さんから学んだ気がしました。

「英語が話せない同士、間違っても当たり前だし、同郷なら
母国語ですぐフォローできるわけだから、英語を話す相手と
しては一番いのではないかな?」と彼らは言います。

理屈ではわかるのですが、例えばそれをすぐ妻とできるかと
いったらやはりこっぱずかしい

片方が常に間違えを指摘する側になってしまいそうですし、
本来伝えられる人なのに英語になると伝えられないという
のはもどかしいという気持ちも出てきそうです。

でも、日本人だけの時はまだ日本語だけを使ってしまうかと
思いますが、日本人だらけの会で、一人でも日本語が
話せない人がその場にいたら、なるべく英語を使って
話そうと思いました。

これからの日本の学校の英語学習において、
1、ネイティブに近い発音を徹底させ、
2、先生側と生徒の対話ではなく、生徒同士の対話をテスト基準とし、
3、日本語がわからない人を一人グループに入れてその人のために
英語で会話を成立させていくというワークをする。
4、そして、他人の英語を笑ったやつは廊下に立たせる!(笑)
というような仕組みがあったら良いのにな~
なんてことも思いました。

つまり、英語をアウトプットするための良きリハビリとは、
日本人同士で英語を使って話すことに慣れること
(心理的には過度に恥ずかしがったり、プライドを持ったりしないこと)
という荒療法?的な英語学習法がメンタル面を鍛えてくれて、
英会話を促進する環境になっていくのではないかと思いたいです。

と、ここまで書いていて気付いたのですが「会社内で英語を
公用語とする」という企業が増えたのは、同じようなこと
を考えていて実行しているのかもしれませんね。

・外国人(=日本語を話さない人)と英語で話す

・日本人(=普段英語を話さない人)と英語で話す

どちらがあなたにとって英語をアウトプットしやすい
相手になるでしょうか?

いや、この質問自体が間違っていました。

どちらが?ではなく、両方できるようになったほうが
英語が上達するかもね
、と今回、韓国人の友人が私に
気づかせてくれたいう話でした。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計93.23ドル】(MTS 39.55含)

P.S.
だからといって、私を見かけたらすぐ英語で話しかけないでください。
すぐには心の準備ができないですから・・・(なんてチキンなんだ。笑)

こんなチキン(臆病者)でも応援してくださる方はいつも通り以下をクリック
してからのご退出をお願いいたします。引き続き良い一日を!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(Visited 11 times, 1 visits today)