Pocket

今日の最低気温は9度、最高気温は19度で暖かですが、
風が強いウィニペグです。
(日の入り時間は夜の21時21分、明日の日の出は5時29分)

夜がこれだけ明るいと子どもたちがなかなか寝ません。

21時30分過ぎにようやく寝始めるといった感じです。

さて、最近の私の一日のタイムスケージュールですが、
5月1日からフルタイムの学生になり(=本科に入り)、
先週は、無事にフードハンドラーやWHMISのテストも
パスし、今週から調理実習に入っています。

40人を20人の2チームにわけて、私がいるチームは今、
ナイフスキルやコールドフード(サラダ等)を担当し、
7月からはベーキング&ペイストリーというパンや
焼き菓子を扱うようになります。(別チームは今日、
クッキーとキッシュを焼いていましたよ)

私は料理が大好きなので、毎日楽しくてしょうがない
のですが、慣れないキッチンという緊張感あふれる場所で
料理人が履くアンチスリップのついた履き心地の悪い
靴を履き、ずっと立ちっぱなしで5時間の調理実習ですから
もう足はパンパン、腕は筋肉痛、肩も凝ってきます。

家に帰ってくるとドッと疲れが出て、もう若くないことを
実感するのです(笑)

妻が夕方から仕事に行くので、私がカレッジから帰って
すぐに子ども達を公園に連れて行ったり、夕飯を食べさせ、
お風呂や着替え、歯磨き等は私の担当です。

その最近の一日の流れを時系列で書いてみますね。

朝、6時40分起床。

自分の分のランチをつくり、朝食を食べる。

7時15分に家を出てバスに乗る。

7時40分、カレッジのキャンパス内のキッチン入り。

8時までにユニフォームに着替え、包丁やまな板を用意しておく。

8時から教室に移動し、9時まで座学。

9時からキッチンに戻り10時半まで調理実習(準備&実技)

10時30分から11時まで休憩

11時から13時30分まで調理実習(実技)

13時30分から14時までたった30分でランチを食べる。

14時から15時50分まで座学(テスト等)。

16時ちょっと過ぎに帰宅。

妻が寿司レストランに仕事にいくので子ども達をバトンタッチ。

16時30分から18時過ぎまで公園。

18時30分からお風呂。(もしくは夕食後にお風呂)

19時から夕食。

19時半から宿題や復習・予習。

20時半に子ども達の歯の仕上げ磨き。

21時~21時30分、子ども達就寝。

22時まで宿題の続きや日記を書く。

22時、妻が帰ってきてその日にあったことの
報告や申し送りの確認。

23時に就寝。

といったところでしょうか?

あっという間に時間がたちますが充実しています。

趣味で終わってしまうものでなく、これらの技術や
学んだことがカナダで雇用されることにつながり、
さらには永住権の獲得につながっています。
(6か月以上雇用されないと永住権が獲得できない)

加えて、習いたかったことを英語で学べるということは、
一石二鳥のお得感があり、43歳の私からしてみれば
最短でセカンドライフを歩んでいるような気がします。

もし、私に近い年齢でカナダ移民を考えていらっしゃるかた
で迷っているのでしたら、私は背中を押したいと思います。

なぜなら、本当に来てよかったと思っているからです。

前に書いた記事の重複になりますが、独身で若い場合は
刺激が少なかったり、行動範囲が限られてしまいがちです。

でも、家族連れでセカンドライフをカナダでという場合は
マニトバは良いところだと思います。

また近況が変わり次第、もしくはウィニペグについて書く
ネタがたまりましたら日記を更新しますね。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計67.01ドル】

ブログランキングに参加しています。ウィニペグでのリアルタイムに
興味のある方は以下をクリックしてください。
(クリックしてくださると私が書くモチベーションがあがりますし)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(Visited 33 times, 1 visits today)