Pocket

4日前に壊れてしまった電気炊飯器。

今日までお鍋でご飯を炊いていました。(こっちのほうが美味しいかも)

2016年の11月のブラックフライデーという安売りをする日に
カナディアンタイヤというホームセンターで買ったのでした。

日本製(パナソニック)でこちらの電圧仕様なのに
わずか半年ちょっとで壊れてしまったのです。

こんな時、あなたでしたらどうしますか?

「あ!レシート、保証書、どこやったっけ?」

「まぁいいか、どうせ直すより買ったほうが安いだろうし」

「とりあえず、エラーコードをネットで調べてみよう」

壊れた症状にもよるかと思いますが、直しに行くだけでも
面倒くさいのに、英語で説明しなければいけません

いつ、どこで、いくらで買ったのかはレシートを見せれば
わかりますが、どのような症状でなぜ壊れたと思うかを
説明するには英語力が試されます。

私はとりあえず、パナソニックカナダのホームページに
行き、型番を入力し、エラーコードを調べました。

「H 02」と炊飯器の表示に繰り返し出るのです。

コンセントを抜いてまた入れれば直るだろうと期待した
のですが「H」「02」と相変わらず点滅して表示されます。

説明書によるとこのエラーコードが出たら
「Authorized Dealer(オーソライズド・ディーラー)」
に見てもらってくれと書いてありました。

パナソニックのホームページでそのオーソライズド
ディーラー(以下、正規取扱店)を調べてみると、
バスで1時間南にあるリペアショップ(修理屋さん)
が正規取扱店とのこと。

今日、カレッジの卒業式(私はまだ卒業ではないですが)
があるため、授業が午前中のみというチャンスを利用して、
重たい炊飯器を運んでカレッジからバスを乗り換えて
目的地に着いたのでした。

「あんた、それ何を持ってきたのよ?」

お昼を食べていた受付おばちゃんが面倒くさそうに
話しかけてきます。

「何って、炊飯器だよ。パナソニック製の」

「ここはパナソニック製は扱っていないわよ。
ましてや、ライスクッカーなんて」

「え? ここはパナソニックの正規取扱店だって
ホームページで書いてあったから持ってきたのに」

「あんた、それを買ったところに問い合わせた?」

「いや、表示がH02と出たら正規取扱店に
持っていけと説明書に書いてあったからここに
もってきたんだけど」

「いつ、どこで買ったの?」

「約半年前にカナディアンタイヤで」

「私たちにできることはないからそこに持っていきなさい」

「わかった、今から行ってみるよ」

なんとか英語でやりとりができました。

決して正しい英文法ではなかったと思いますが、
このような成功体験が英会話を上達させてくれる
ような気がします。あのおばちゃんにも感謝です。

1時間バスに揺られて、ようやくキルドナンプレース
のカナディアンタイヤに着きました。

正面玄関入ってすぐ右にカスタマーセンターがあるので
そこで番号札をとって順番を待ちます。

番号を呼ばれるまで、
いつからどのように壊れてしまったのかという症状や
エラーコード「H02」についてや、直すのにどれくらい
時間がかかるのかという英会話をシミュレーションして
面接前の生徒のように椅子に座って待っていました。

ようやく番号が呼ばれて、女性店員が対応してくれます。

「どうされましたか?」

まずここで買ったという証拠のレシートを出します。

「4日前から壊れてしまったのです」

よし、英会話ここまで順調。

ここから先ほどまで椅子でイメージトレーニングしていた
フレーズを淀みなく話し始めようとしたところ・・・

「そうですか、在庫があるみたいなので
同じのをお持ち帰りでよろしいでしょうか?」

え?

あの、その、中身を見て故障を確認しないの?

あれ?

もっとこう、あるでしょ?聞くことが?

ないの?

僕の「H02」はどうしたらいいんだよ!

エラーコードがインディケーターに表示されるという
症状を説明するイメージトレーニングに費やした時間、
およそ10分。

そして、

故障していると伝え、新品に交換という解決策を
提示されるまでおよそ1分
(笑)

新品の中身を確認させてもらい、その時に気付いたの
ですが、付属のしゃもじを壊れたほうの箱に入れて
くるのを忘れていました。

そんなことも相手は気にせず、中を確認もせずに
交換してくれたわけです。

いいのか?

大量生産、大量消費の飽和的資本主義社会において、
レシートさえあれば無条件で新品に替えてくれると
いうシステムは性善説に基づきすぎていないかい?

いただいたプレゼントもレシートがあれば返金して
くれるというし、お店の売り上げが立たないだろう
という心配しなくてもよいような心配もしてしまいました。

カナディアンタイヤで受付してくれた女性にも感謝
ですが、何だか複雑な気持ちでした。

でも、
今日から新しい炊飯器をありがたく使わせていただきます。

今度は半年ちょっとで壊れませんように。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計76.27ドル】

ブログランキングに参加しています。以下を押してから
このブログから退出してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 19 times, 1 visits today)