Pocket

今日の日没は21時39分ですから、10時になってもまだ明るく
明日の日の出は5時18分で、4時半ころには明るいです。

最近は暑いのだか寒いのだかわからず、雨も降ったり止んだりで
体調を崩しやすい気候です。息子は鼻水を垂らしていますよ。

さて、前回の記事でオファーをしていると書きましたが、
あのあと他の人のオファーが増えて、7名で競うことに
なりました。

前回オファーした時(8名で競う)は売値より日本円で約400万円
上乗せされた金額で落ち着いて、私たちが欲しいと思った他の家は、
100万円単位で最終金額が上がっているのでした。

今回は売値が高かっただけに100万円には届かない金額しか
上乗せしなかったら、案の定、選ばれませんでした。とほほ。

気を取り直して、今日、もっと気に入った家が売りに出たので
(ちょっと遠いですが)オファーを出してみたいと思っています。

このように最近は住宅探し&オファー手続きに明け暮れています。

そうして気づくと今日でウィニペグ移住11か月になっていました。

私がレッドリバーカレッジの本科に移ったことで、日常の流れが
変わり、慣れないことが多くなることで家族全体が疲弊しがち
だったのですが、何とか持ち直しています。

最近、歳をとったから疲れが取れづらくなっているのか、いや、
きっと環境の変化が疲れさせるのだろうと言い訳をしています。(笑)

語学学校の時に比べると宿題が減り、当時人前でプレゼンテーション
をしなければならなかったあの嫌な時間はもうなくなって、今は
自分の作った作品を皿に盛りつけるというプレゼンに変わって
だいぶ楽になりましたよ。

ナイフスキルをサラダやフルーツプレートを作ることで磨いています。

毎日、レシピとにらめっこし、シェフ(先生とは言わない)の
デモンストレーションをもとに20人の生徒たちは料理を
作っていくのです。


(右上にシェフの手元が見える画面があるのが助かります)

つくづく私は料理が好きなんだと思います。失敗することも
ありますが、克服や新たな発見が楽しくて仕方がありません。

クラスメートにも恵まれて、同じく40歳代のクラスメートとは
家族ぐるみで仲良くさせてもらっています。

その彼が言うには、
「やっぱりウィニペグは刺激がなさすぎるよね」
とのこと。

スキューバーダイビングが趣味で、オーストラリアに滞在して
いたことがあるという経験が彼にはあるため、ウィニペグでの
趣味活動というか、リフレッシュをどうするかという問題に
将来どうするかという課題を重ねて考えています。

アウトドア趣向で活動的であればあるほどウィニペグは
物足りなくなるのかもしれません。

それに、前にも書きましたが、学費が6年間で10%ずつ、
合計60%も返ってくる制度(=それがあるから6年間は
マニトバにいようかと思っていた制度)がなくなった
ことでウィニペグへの帰属意識が薄れていったことも
彼の今後の予定を脱ウィニペグにさせていくのでしょう。

私は趣味が内向的といいますか、それほどアクティブ
ではなく、料理や読書(日本語)や物書きができれば
それで満足なので、特に何かをウィニペグに求めること
が今はないのだと思います。

11か月経った今も『ウィニペグ最高!』とめでたくも
思っていますし(笑)、妻に至っては「ここ以外に今は
考えられない」と、職場仲間にも恵まれて充実しています。

そして改めて感じるのですがマニトバは衣食住に関して
他の州よりかなりお得なのではないかと思うのです。

初心者向け、スタートアップしやすい州だと思う一方、
確かにアクティブな人や都会好きな若い人にはすぐに
見切られてしまう州なのかもしれません。

年齢や相性、目的等でどう感じるかが違ってきますし、
実際にウィニペグに滞在してみないとわからないことも
あるかと思います。

このブログを通じてたまに、
「ウィニペグどうですか?」と聞かれるのですが、
最近見たウェブサイト(笑うクレイジー)に
以下のようなツイッターが取り上げられていました。

まさにこんな感じです(笑)

でも、どのようにウィニペグが良いか(悪いか)を今後も
自分の体験しか書けませんがリアルタイムでお伝えすることで
「どうですか?」に少しでも応えられればと思っています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計101.22ドル】家のネット通信費56.50ドル含む

【11か月目合計2055.66ドル】(うん、理想的な支出合計)

ウィニペグ移住12か月目に入ったこのブログを引き続き応援
してくださる方はぜひ以下をクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 39 times, 1 visits today)