Pocket

ウィニペグの今日の日の入りが21:41ですから22時にはまだ明るいです。
(明日の日の出は5:19)

つくづく北半球なんだな~と地球の自転の傾きと公転を感じられます。

今日も雨が降ったり、日差しが痛いほど晴れたりと不安定な気候です。

 

カレッジの昼休みにテラスで食事をした時に撮ったダウンタウンの写真。

空が広く、いつみても飽きない風景です。

来月からクラスが変わるので、今のクラスでのテストが続いています。

家を買うという大きなアクションをしているため、宿題や課題に集中できず、
あまり良い成績ではないかもしれませんが、楽しく学べています。
(↑単なる言い訳です)

昨日と今日はキッチンでお寿司を作る授業だったのでさらに楽しかったですよ。

寿司酢のラベルにしても、海苔やトビッコのパッケージにしても日本語だらけ。

いろいろクラスメートから聞かれると同時に「日本人はみんな寿司が作れるものだ」
という暗黙の認識が私へのプレッシャーになります(笑)

そのためあらかじめ日曜日にクラスメートを家に呼んで寿司職人である
妻監修のもと、寿司のレッスンを行いました。

おかげで何とか私もロールは作れるようになり、クラスで披露したら結構
尊敬され、いや「私のも切ってくれ」と仕事を押し付けられましたっけ・・・。

(ベジタリアン向けの野菜巻と言っていましたが
ただたんに新鮮な魚介類がないのだと思います)

数人のインド人は寿司が苦手だったようですが、ほかの皆は寿司を
作るのも食べるのも楽しんでいて、日本人で良かったと感じました。

カリフォルニアロールも作ったのですが、シェフ(講師)が
「サーモンはさ、ほら原価が高いから」と使わせてくれません(笑)

実際、ウィニペグで魚を買うとなると高いです。

サーモンは寄生虫の問題があるので必ず冷凍して虫の息の根を止めて
から解凍させるプロセスが義務付けられています。

生で食べられるように最適に解凍され、短い賞味期限に食べてもらう
ためには、やはり値段も高くなってしまうのだと思います。

スーパーで、特にCostco(コストコ、こっちではコスコと言っています)は
安く良質な肉や魚を売っていて、先日、友人に連れて行ってもらいました。

日本ではちょっと店内を除いた程度で、入ったのは初めてです。
やはり広く、大勢のお客さんが買い物をしていました。

IKEAかと思うような陳列もありました。

以下ようにホットドックやソフトクリームが安く提供されている
ところもIKEAに似ています。

それにしてもコスコは会員制度が厳しいのですね。

入店する時に会員カードを見せるのはわかるとして、
会計時もカードの裏に自分の写真がついているため、
例えば私が会員カードを借りて自分の分のお金を
払うというのができませんでした。

そして、退店する時はカート内の商品とレシートを見せ
なければならないというチェックの厳しさ。

ウォルマートやカナディアンタイヤも退店時にレシートと
購入商品を見せる時がありますが、コスコはチェックが
厳しいと感じたのです。

買ったお肉や魚の鮮度、味は確かに良かったのですが、
車がないのでわざわざ行けません。

そして、あまりに大量消費を強いるような会員制度は
(たくさん買えば買うほどリベートがあると謳っている)
無駄なものを買うことにつながり、健康にもお財布にも
良くないのではないかと思ったのでした。

今、このブログを書いていながら、コスコで買ってしまった
ハニーローステッドのナッツの詰め合わせをボリボリと
食べてしまっています。たはは。

Costco(コスコ)それは、
「せっかく来たのだから」とか「自分へのご褒美♪」と
いう言葉が正当化されてしまう怖い場所に感じます(笑)

これからもなるべく近づかないようにしたいと思います。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計44.64ドル】

肥満化した資本主義社会?にも飲まれず頑張っています。
応援してくださる方は以下をクリックしてから
このブログを退出してください。感謝です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(Visited 45 times, 1 visits today)