Pocket

昨日、6月30日で娘がキンダガーテンを卒園しました。

日本に比べてきっちりした卒園式というのがないの
ですが、11時から11時45分まで保護者と子ども、
そして先生が共有できる時間を持ってくれます。

クラスルームには保護者用の椅子が用意され、
写真を撮ってもOK。
(集合写真を撮らないのは違和感ありました)

皆で歌を歌い終わった後に卒業証書を一人ずつ
一言をもらいながら渡され、先生からの感謝の
言葉に保護者の中には涙を浮かべている姿も。

先生とハグする生徒。先生と会えなくなるのが
寂しくて泣いてしまう生徒。

妻もウルウルしていました。

 

先生へプレゼントの贈呈もありましたよ。

これはあるママさんが代表になって
先生のためにブレスレットを買って、
各家庭から15ドルずつ徴収するという
流れで渡すことができたのでした。

 

子ども達の机の上にはバインダーが…。

子どもの作品や成長を確認できます。


このように1年間を一つの大きなファイルの
中にまとめるというのは良いと思いました。

幼稚園初日の写真も残っていて、娘の顔が
こわばっていたのですが、3か月後には
良い笑顔になっているのにも気づきました。

成績表が渡されて4段階評価で算数の成績は
3ターム共すべて4で意外と優秀でした。

先生が娘の各成績に対してしっかりコメント
を書いてくれて感謝です。

 

9月からエレメンタリーになるわけですが、
校舎が変わるわけではありません。

9月6日(水)からスタートするにあたって、
当日に用意しておくものは、
1、クラスで使う消耗備品のお金40ドル(小切手)
消耗備品とは、鉛筆やクレヨン、ハサミなどです。

2、箱ティッシュ2箱。

3、ペーパータオル2ロール

4、スクールバッグ(バックパック)
高いランドセルを買わなくて済むのは助かります。

5、水筒

6、UHUブランドのスティック糊3本

という案内がキンダーの最終日にレターとして
渡されたのでした。

娘が通っているキンダーでは制服がなく、
入学式や卒業式でも正装している子や親は
とても少ないです。普段着が当たり前。

持ち物に名前書きを強要されることもなく、
親は楽させてもらえているように思います。

 

いまだに困っているのが他の親御さんとの
付き合い方といいますか、世間話の仕方。

何を話したらよいかわからないので挨拶だけ
して帰るようにしています。

子どものバースデーパーティーのご招待を
受けるものなら大変です。

居場所がなくなり、居心地が悪くなるのです。

そのため、娘には申し訳ないのですが、
ご家庭で行うパーティーには極力参加しない
ことにさせてもらっています。

 

私のカレッジや妻の仕事がなかったらもっと
娘の幼稚園でのボランティアにも参加できた
かもしれませんが、参加できなかった分
寄付をすることで罪滅ぼしをしていました。

そのほか、幼稚園は結構寄付を求めることが
多かったように思います。(寄付を求める
のは良いことだと理解しています)

娘はキンダーでの1年を通じて特に問題なく
健康で前向きに過ごしてくれ、親として
本当にありがたいと感じています。

この調子でエレメンタリースクールGrade 1
も楽しく過ごしてくれたらと祈っています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計173.89ドル】カナダデーパーティー手土産代含む+家賃899ドル

いつも以下をクリックしてくださり感謝です。
ランキングが向上するとモチベーションが上がります。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 13 times, 1 visits today)