Pocket

今日、ようやくステインバッハ信用組合(以下、信用組合)
からメールが届きました。

新居の所有権が移る予定日が7月21日ですから、そろそろローン
の支払い手続きをしなければならないのに、約1週間前になっても
連絡が来なかったわけです。

モーゲージブローカーのジェイソンが心配してくれて、
担当者に連絡してくれたのでした。

「ボルさんに送ったと思っていたメールアドレスが間違っていたそうだよ」

なんかカナダらしいというか、なんというか・・・。たはは。

18日の火曜日に会いに行くのですが、南で遠いためカレッジを
午前中だけ休むことにするつもりです。

私は以前、ジェイソンに
「モーゲージを払うに当たって、今のTDバンクから預金を
信用組合に移さなければならないの?」と質問しました。

「それもできるけど、TDの口座から自動引き落としの手続きが
できるよ。その手続きをするために一度信用組合に行く必要
があるため、担当者からの連絡を待っていてね」
と教えてもらっていたのでした。

この『担当者からの連絡待ち』をまともに受け止めてはいけない
ということをカナダに来てから痛いほど身に染みたので(笑)
やはりジェイソンのようなモーゲージブローカーさんが間に
入ってくれるととても助かりました。

いずれ不動産購入についてまとめ記事を書こうと思っていますが、
モーゲージブローカーに依頼するということがいかに有効かという
ことはこの一件からも垣間見ることができることでしょう。

18日に信用組合から詳しい説明があるかと思いますが、18日までに必要なものとして

● $10 cash for the purchase of the share
● $362.50 cheque (or cash) to pay for the appraisal and the fee
● Void cheque from the financial institution you would like the payment to come from
● 2 pieces of ID- Passport from Japan and driver’s license would be perfect.

以上、4つを要求されています。

10ドルの現金と362.50の小切手は手数料として、自動引き落とし手続き用の口座確認
のための小切手、2種類の身分証明書=パスポートと運転免許証がよいとのこと。
(学生証やマニトバヘルスカードはNG、学生ビザもダメだそうで、パスポートと
日本の免許か、出生証明書があればとメールがその後届きました)

どうやら毎月のローンの支払いは毎月1日に引き落とされるようです。

この信用組合での手続きが終わったら最終的に弁護士さんとお会いして
頭金の支払い、住宅保険の確認、登記簿移転手続き、鍵の受け渡しなどの
手続きをしてくださるため、それが終わってはじめて所有権が移るのです。

いつどのように弁護士さんとお会いできるかは、まだ銀行手続きが終わって
からじゃないと、また、住宅保険の手続きが終わってからじゃないと、
先に進まないため、新居の鍵取得までの道のりをロールプレイングゲーム
に例えるなら、

仲間であるモーゲージブローカと一緒に金融機関という中ボスを倒し、
住宅保険という剣を手に入れ、ラスボスである弁護士を攻略する

いうようなイメージです。

おかげさまで住宅保険は日本人担当者さんのご尽力で希望の保険を
買えることができ、契約と支払いを本日済ませることができました。

まだ見ぬ弁護士さんをラストに登場するボスと失礼な例えをしましたが、
最終的な手続きが終了する(=不動産の登記・名義が私たち夫婦に替わる)
という大イベントなわけですから興奮して期待値が上がってくるのです。

今日で手続き的にはだいぶ見通しが立ってきましたよ。

鍵取得まであと約1週間。

気を引き締めていきたいと思います。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計54.93ドル】

一歩一歩地道に、経験値稼ぎしながらレベルアップしています。
すべて、あなたの応援があるからです。いつも感謝!
引き続き、以下のボタンを押してからこのブログを退出してください。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 3 times, 1 visits today)