Pocket

大食漢の4歳の息子と6歳の娘だけで2合炊いたご飯を食べ切ってしまうという時期になりました。
今からエンゲル係数がどれだけ高くなってしまうのか不安になります(笑)

さて、本日日曜日のランチは妻の職場の皆さんが家に遊びにきてくださり、
私たち家族を含め10人以上のホームパーティーとなりました。

いつもお世話になっている方々ですので、ようやくおもてなしできて幸せなひと時でした。

10人分の胃袋を満足させるためにはどれくらいの料理数とクオリティーが求められるのかを考え、
3日前から仕込みをし当日を迎えましたが、てんぷらを揚げるのに時間がかかってしまい、
もう一品作ろうとした予定通りの段取りにはなりませんでした。

でも、結構充分量があったため、作らなくても正解だったと思います。

おでんや照り焼きチキン、ズッキーニのてんぷらも好評でした。

ズッキーニはうちでも収穫できていたのですが、

もうなくなってしまって、タイミングよくパーティー前日に、近くに住む
友人ご家族がおすそ分けしてくれました。こんなに大きなズッキーニ!

私の腕より太いです。オーブンで下焼してからてんぷらにしましたよ。
あまり多くてんぷらができるため、時間がかかりましたが美味し過ぎました。

ズッキーニって日本では全く食べませんでしたが、漬物にしてもおいしいですし
スパゲッティーのトマトソースに混ぜても最高においしいです。

裏庭で採れたトマトやキュウリも美味しく、

コリアンダー(シラントロ or シャンツァイ)がまだすくすく育っていまして、
家族で私だけ大好物なため、これから独りで楽しみたいと思います。

「日本食って本当に良いよね、寿司ばかりが前面に出るのではない
おでんや肉じゃが、煮魚、素朴な揚げ物などで勝負できるお店が
できたら面白いと思う」と話し合っていたのが今日のハイライト。

そうなのです。

日本では当たり前のような地元の定食屋さんのあの味
家庭料理がこちらで通用するのならきっとウケると思いたい。

例えば、定食Aと定食Bしかなくて(例えばおでん定食と
コロッケ定食など)ファーマーズマーケットなどブースで
販売し、売切れたらおしまい。みたいな。

そして、ブース内には代々漬け方を教わっている我が家の味の
「ハリハリ漬け」などご飯にあう総菜をメイソンジャーで販売し、
ほかにもウィニペグに住む日本人の方が作った自慢の総菜を
委託販売してみるなども面白そう。

フードハンドラーの資格以外に何が必要なのだろう?

このように楽しくなりそうなことは頭の片隅に置いておくと
次第に発酵して美味しくなっていくのだと思います。

でも、最近ズッキーニの漬物を作ったらなぜか発酵していて
微炭酸が出てビールのような味になってしまいました。
発酵させ過ぎはよくないですね。(笑)

来年あたりから小さく始めてみようかな。
(現在ほかのことが大きく始まろうとしているので
そちらが楽しみでしょうがないのですが…)

今日来てくださった皆様にたくさんのエネルギーを
いただきました。感謝です。

ウィニペグ、本当に良い人しかいないな~。

14か月経ちますが、幸せの輪は着実に広がっています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計654.86ドル】(妻、子ども達のビザ更新手数料455ドル含)

【14か月目合計10636.16】(後期学費7439.45込)

ブログランキングに参加しています。以下のボタンを押してからご退出してくださるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

(Visited 18 times, 1 visits today)