Pocket

クリスマスの早朝、妻と娘(6歳)の会話。

「ママ、眠れない」

「ごめんね、ママがトイレ行った時に起こしちゃったかな?」

「違うの、サンタさんがもうプレゼントを置いてくれたか気になって」

「うちはほら、ホームセキュリティーがあるから誰か入ってきたら音が鳴るわよ」

「そのサンタじゃなくて、25日にプレゼントをもらえるイベントという意味のサンタ」

(むむ、相変わらずサンタさんはいないとわかっているのね)

「今、まだ朝の4時だからもう少し寝てから確かめましょう」

「……」

「ママ、やっぱり寝られない、日本のじーじ、ばーばが何を送ってくれたのかも知りたいし」

「寝なさいな。眠れないならママと一緒に羊でも数えましょう」

「なにそれ、楽しいの?」

「眠くなるかもしれないからやってみるわよ、はい、まずは『羊が一匹』」

「羊がいっぴき~」

「羊が二匹」

「羊がにひき~」

「ねえ、これを続けていたら時間がすごくかかるから、私が次「羊が三匹」といったらあなたは「羊が四匹」と続けていきましょう、いいわね?」

「は~い」

「羊が三匹」

「羊がよんひき~ メ~

「ん?今、羊が鳴いたかしら?」

「そうそう、メ~って鳴きだしたよ。あの子はアブジャックって名前ね」

(アブジャックってどこからそのネーミングセンスがきたのかしら?)

「羊が五匹」

「ねぇママ、五匹の羊が同じところに集まってきているってこと?これ以上増えたらトイレとか大丈夫かな?」

「ねえ、あなたまったく寝る気ないでしょ?」

「だってクリスマスプレゼントが気になって眠れないんだもん」

「それじゃ探してくればいいじゃない」

「いいの?〇〇(弟)を起こしてもいい?」

「駄目よ、まだ寝ているから」

楽しそうな雰囲気が伝わるのか弟君も目が覚める。

「サンタさん、来てくれたの?どこ、プレゼントは?」

二人で居間に行きプレゼントの存在に気づき、大喜び。

朝の4時半からプレゼントの袋を破いて開ける音が居間に響き渡る。

品評会が開かれ、私たち夫婦からのプレゼントは工作系(ビーズアクセサリー等)で完成品ではなかったため、反応が薄くガッカリ(笑)

子ども達は「今日は何時からクリスマスパーティーに行くの?」と10時間後の予定をすでに気にしている。

パーティーではしっかり食べて、みんなに遊んでもらってご満悦で帰宅。

そして、お風呂に入ってから歯を磨いたら、電池が切れたように眠ってしまった。

今年もみんなのおかげで幸せなクリスマスだった。

来年も良い年になりそうだ。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【特になし】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(Visited 5 times, 1 visits today)