Pocket

今週からダウンタウンの職場(キッチンでオンザジョブトレーニング)に入っています。

「どれ?玉ねぎのダイス切りを見せてもらおうか?」

「じゃ、このレシピ読んでこれ作って」

レベルアップを要求される現場でやりがいがある一方、不便さを感じるようになっています。

新しい職場はダウンタウンにあるため、駐車場がありません。パブリック駐車場も5時間で12ドルでした。

車だと15時に仕事が終わっても、15時半の子どもの小学校のお迎えに間に合うのですが、駐車代だけで一時間働いた分のお金が消えてしまうと思うと切ないです。バス通勤にしようと思っているのですが、バスだと15時半のお迎えにギリギリ間に合いそうもありません。なかなか上手くいかないと感じるウィニペグ移住18か月目です。

娘は気を利かせて、
「私、大丈夫だよ、一人で学校から家まで帰れるから」
と言ってくれるのですが、カナダの法律は小学生に親や大人なしで登下校させてはいけないことになっています。

勤め先に駐車場がないから私が職場に車を乗っていけず、さらにお迎えにもいけないことを察して、さらに娘は、

「なんなら、私が運転しようか?」だって(笑)

長く車がない生活が続いていましたが、車があって便利に思う一方、維持費(特にこの寒い時期は燃費が悪い)が気になります。

そして、昨日、こんな手紙が警察から届きました。

右側に写っている白い封筒。送り先がウィニペグポリスサービスと書いてあります。

これが届いたら交通違反していたと思って間違いないです、はい。

左側は証拠写真。ナンバープレートまではっきり写っています。どうやら制限速度50キロのところ66キロで走ってしまっていたようです。

1月6日(土)にちょうど以下の写真のドライブレコード付きのナビシステムをCostcoに買いに行って、もし、この日に取り付けていたら「制限速度」や「スピードメーターの位置」を教えてくれる(日本語で)優れた商品なので、違反していなかったかもしれません。(それより速度オーバーを反省しなければ・・・)


(取り付けが簡単で、これは買ってよかったと思います。前の車との衝突防止もシグナルで教えてくれるのです)

さて違反金、

いくら請求されたと思います?

 

 

『259ドル(本日のレートで日本円で23,155円)』でした。

ひ~。

「今まで節約生活してきたのに、こんなんで搾り取られるなんて~」
と、違反した自分を棚に上げて叫びたくなりました(ここでも反省なし)

先輩ウィニペガーさんは「情状酌量があるから直訴してみたら」「言ったもの勝ち」など教えてくれたのですが、ウェブからクレジットカードで支払い、もう忘れることにしました。(結局、反省しない・・・笑)

今回は事故につながらなかっただけよかったです。スピード違反、皆さんも気を付けてくださいね。

ウィニペグは山も谷もない平野な大地だけにもっと平穏に過ごしたいのですが、いまだに山あり谷ありの生活が続いております。でも、相変わらずウィニペガーは良い人ばかりで、寒さだって言われているほど苦になりません。やっぱりウィニペグは良いところだと思います。うちの家族に合っているのでしょう。

これからも一日一日を楽しんでいけたらと思っています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計523.46ドル】違反金259ドル含む

皆様のおかげで1年半を無事に生活することができました。感謝です。
これからも応援、ご協力をお願いし、今回も以下のボタンを押してからのご退出を重ねてお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

(Visited 4 times, 1 visits today)