Pocket

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年といっても数週間前からですが、色々なことが膿を出し切るがごとく出てきて「これは良いことが迫ってきている前触れなのでは!」と超ポジティブに考えています。

でも、一番へこんで反省しているのはうちのゲストルームに年末泊りに来てくれたお客様(カナダ人)にお叱り(激励)を受けたことです。

「なんでここには食パンが白いのしかないの?」
(健康のためマルチグレイン(雑穀)パンをご所望でした)

「枕は二つ以上用意しておかないと」
(なぜカナダのホテルなどでは枕が多いのでしょうかね?)

「あなたの文化ではサーモンに骨をいれて食べるのか!(怒)」
(サーモンのホワイトソースパスタを作った時に入っていたようで申し訳ない)

いずれも泥酔時に言われ(笑←いや笑えない)、他にもここでは書くことができない試練を体験させてももらえました。おかげさまでうちのゲストルームの改良につながるのでありがたいです。

今回お客様が期待されていた「断酒合宿(結局失敗していましたが)」や「プチ断食合宿」をうちでやれるようなプログラムを作ってみようかと……。

いずれにしましても2019年はできることをできるだけやっていこうかと思っています。(永住権、早く欲しい~)

そういえば年末は悪いことばかりではなくウィニペグ商会(便利屋さん)のお仕事でリピーターになってくださったお客様から『お客様の声』をいただくことができました。

A.K 様 2018年12月 

ウィニペグに1人で暮らす18歳の娘の引っ越しのお手伝いを依頼しました。
 
まず、転居先で使用するために購入したベットやスツール、ラグなどの荷受けを青木さんのご自宅へお願いして、引っ越しまでの期間預かっていただきました。
 
元のアパートでは保管が出来ないサイズだったり、自分で組み立てる必要があったり、荷受けの時間が合わなかったりと、家具の注文も考えてしまいますが、青木さんがその全てをクリアにしてくれました。
 
引っ越し当日は、青木さんの大きな車で預かっていただいていました家具類を乗せ、娘の元のアパートへ寄っていただき、身の回りの荷物と娘をピックアップし転居先のアパートへ向かいました。
 
荷物の運び込み、ベッドの組み立て、高いところへのテンションポールの設置、ラグパッドのカッティング、段ボールの片づけまでと細かいところまでお手伝いいただきとても助かりました。
 
時間に正確でお仕事の内容も丁寧で確実でした。
 
荷物の運び込みや家具の組み立てなどありましたので男性に頼みたかったのですが、娘1人での引っ越しということもあり、安心して頼める方を探していました。
 
ホームページで青木さんのサービスを知り、そしてお人柄の良さもブログなどからうかがい知れましたので相談しましたところ、迅速なご回答、シンプルでリーズナブルなサービス料金の提示とともに快く引き受けていただきました。
 
お陰様で無事に引っ越しも終え今は快適に1人暮らしを楽しんでいるようです。
 
青木さんにお願いして本当に良かったです!!
 
こんなサービスあったらいいな、こんな困り事どなたかにお願いできないかしら?と思った時、まず青木さんにご相談されるといいかもしれません。
 
次回も迷わず青木さんにお願いしたいと思います。
 
大変お世話になりありがとうございました。
 
(以上、原文のまま)

ここまで書いていただき感激しました。2018年はサービスを開始してよかったです。ご利用してくださった他のお客様にも感謝です。(これからお願いしようと思ってくださっている方にも感謝)

2019年はカナダから日本(日本からカナダも)の個人貿易を楽しめるような商材を探して、さらに収入源を増やしていけたらと考えています。

どなたか、こんな商品・サービスが欲しい、あんな商品が面白いかもよというご意見がありましたらお教えくださいね。

これからさらに寒くなりますが、引き続きあなたにとって素敵な新年となりますように……。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計971.15ドル】家のローン含む

今年もブログランキング向上へのご協力をお願いいたします。以下のボタンを押してからご退出をお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村
(Visited 145 times, 1 visits today)