Pocket

昨日は3歳になる息子を引っぱたいてしまった。

5歳の娘を弟である息子が引っぱたいたので、
姉ちゃんの代わりに引っぱたいてしまった。

「ほら、こんなに痛いんだよ」

と、教えたかったというのは後付けの言い訳で
あって、怒りに任せた児童虐待である。

以前、お風呂でおしっこをされた時にも
引っ叩いてしまったので、ここ3年間で
2度引っ叩いてしまったことになる。

引っ叩いてしまってからものすごく落ち込む。

だったら引っ叩かなければいいのにという
のはわかっているのだけれど、その時には
その方法しかできなかったのだと思う。

なぜ怒ったのか。

それは、子どもにわかってもらいたいから。

親の都合といわれようともわかってもらう
ためのその時の手段が怒りと引っ叩きだった
としか言えない。

本来、怒ること、引っ叩くことを望んでいない
のに感情的になって引っ叩いてしまったという
ことはどういうことだろう。

子どもを怒らない自分の人生を想像し、怒らない
と思考を定めたら、そのように引き寄せの法則
が働くのであろうか?

昨日のことで感じた怒りや不愉快を感じ切り、
自分の成長へとつなげるパワーと変え、
これらのことが昇華されることを想像して
いきたいと思う。

子どもには悪いことをしたと深く反省する一方
このような試練や考える機会を与えてくれて
感謝しかない。


にほんブログ村

(Visited 37 times, 1 visits today)