Pocket

昨日は雨が降る前に畑を仕上げてしまおうと、妻と一緒に野良仕事の格好をして土いじりをしていました。もう退職後の老夫婦のようです(結局雨は降らず)

妻が髪に土がつかないよう、ちょんまげのように髪を上に束ねていたのですが、自分のその姿を鏡面ガラスでみて

「どすこい!って感じだよね。痩せよ……」

って自虐な独り言を私に聞こえるようにつぶやいたのでした。

世の中の旦那様。

このような時に夫の瞬発力や危機管理能力が問われます。

「そ、そんなことないよ。太っていないし、まわしは似合わないって!」

など、急いでそのことに直接触れて要らぬことを言ってしまうと

「声がうわずっている。それに、まわしって何よ!私の張り手か、がぶり寄りをお見舞いしようか!」

こうなったら畑の青虫のごとくヘコヘコと逃げるしかありません。

 

もうすぐ妻と結婚して結婚10年になる私ぐらいになると、聞こえてくる自虐な独り言に対して地雷を踏むようなことはありません。

自虐独り言が聞こえてきたら、

1、ポジティブな言葉、気の利いた言葉に言い直す。

2、本来の意味から違う意味に少しずつズラしていく。

3、聞こえなかったふりをして、何か取りにいくか、手伝うふりをする。

これくらいのことができるようになると土俵際でもさらりといなせます。

 

実際に、もしあなたが異性から、

「どすこい!って感じだよね。痩せよ……」というようなことを聞こえるようにつぶやかれたらどのように応えるでしょうか?(そんな状況に陥らないことがまず重要ですが。笑)

もちろん正解はありません。

でも、昨日の私はこのように応えましたよ。

 

「どすこい!って感じだよね。痩せよ……」

 

「……」(←頭フル回転してる5秒間)

 

突然、

どすこいどすえ~

と、エセ京都人になってさらに数秒だけ時間稼ぎしたうえで、

 

「そういえばさ、お相撲さんって、いかにも和風でいいよね

 

これくらいズラすのです(笑)

『和風が似合う女性って素敵だよね』

この方向でポジティブにむりやり持っていくのです(ただのちょんまげ頭なのにかかわらず!)

カナダに住んでいるからこそ和風の価値が上がっているわけでして、『ああ、カナダに住んでいてよかった~』(おかげで地雷を踏まなくてよかった~)と心の底から感じ、危機をまた乗り越えたのでした(笑)

 

伝わっていますでしょうか?

 

これが愛どすえ~。

 

ほな、また。

 

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計94.99ドル】

(Visited 110 times, 1 visits today)