Pocket

昨日、8月1日(木)にようやくCo-PR(Confirmation of Permanent Residence)が届きました。(やったよ~!)

7月15日(月)にパスポートリクエストに応える書類(写真含む)をプライオリティメール(翌日届くけど値段が高い方法)で午前中に送り、次の日の14時過ぎにはオタワのオフィスに着いていました。7月31日の18時20分に先方から配送手続きが開始されたと追跡番号からわかり、翌8月1日(木)の13時に家に着きました。トータルで17日もかかっていたわけです。(結果的に速達にした意味まったくなかったです)

Co-PRの発行日は7月25日。他の人に比べると遅い手続きだったと思います。(でも手続きしてくださった職員には感謝です)

※プライオリティメール(速達)って郵便局員から届けたというサインが必要なのかと思って家で待っていたのに、家の郵便ポストに他の郵便と一緒に届くんですね。知らなかった。

 

Co-PRの実物を写真にとってこのブログに載せようかと思ったのですが、身長や黒目の色、パスポート番号など個人情報ばかりで、しかもこの書類に対して記入することもないため、特に載せないことにしました。

ちなみに、レターサイズではなくリーガルサイズの紙で、自分の写真が一枚添付されています。(つまり家でコピーしづらい)

ランディング(国境等で永住権ステイタスを有効にする行為)時に提出するまでなくさないように気を付けたいと思います。

 

さて、今回の本題のストレス解消法について。

永住権獲得まであとわずかという期間で手続きに必要以上待たされ、当初期待していたスケジュールや貯金残高がどんどん狂っていくとストレスに感じるものです。

そのストレスを発散するためには何が必要か?

最近はまっているのは、この4リットルのアイスクリーム。

牛さんのロゴが入った「lucerne(ルツェルン)」ブランドのアイスクリームで、安いときは5ドルくらいで買えますが、通常約7ドル(580円)です。580円で4リットルのアイスが買えるって凄くないですか?しかも美味しい!

ナポリタン味っていうのがあるのですが、どんな味か気になりません?

中身はこんな感じ。

そう、バニラとチョコとストロベリーがミックスされているのです。

一度、no name ブランドのナポリタンを買ってみたのですが、別物みたいに不味かったけど、このブランドのアイスクリームは安くて美味しいですよ。

これを4スクープくらいお皿にいれて食べるとストレスも解消されるってなものです。(さすがに直接スプーンで掬って食べるというのはできていない)

ネットフリックスで映画やドラマをみるというストレス解消法と併用していたら何キロか太りました(笑)

そのほか、庭の雑草を取るとか、家族でサイクリングにでかけるなどのストレス解消法があるのですが、あともう少しで永住権がとれるからこそできるストレス解消法はこれ。

一時帰国用の往復航空券がいつ安くなるのか、いくらになるのか調べること。

ホッパーというサイトで買い時を調べて、スカイスキャナーで確かめるといった感じです。

「一時帰国したらさ~、お刺身食べ放題に行って、コンビニでスイーツを買って、温泉に……」

そんなことを妄想しながら、一番安く、しかも乗り換えが少なく所要時間が一番短い日本往復便を探します。

夏休みに帰るとなるとやはり高いですね~。

大人一人1000ドルくらいを考えていたら1300ドル弱のチケットしかありません。しかも、これから間近になって安くなる見込みはないというHopperというサイトの予想なので、すぐに買うしかないのでした。

子どもは割引があり若干安くなるものの、4人家族でのチケット代は5420カナダドル(約45万円)

ひえ~。

チケットだけで45万円ってことは宿泊、食費、お土産代などを含めたら旅費総額は70万ちかくになるんじゃないかな?これはオリンピック並み、4年に一度くらいしか帰れないかもしれない。

でも、今まで永住権獲得まで頑張ってきたご褒美として、また、ひと段落ついてようやく一時帰国できる機会としてやはり買おうとネットから申し込んだものの……、日本で作ったクレジットカードが決済されない

使用限度額は問題なし、他の旅行会社に変えてトライしてみてもやはりオーソライズが必要で決済ができないとのエラーが出るので、直接買うしかないと思い立ちました。

最安値の怪しい旅行会社(口コミ悪し)のチケットの値段と、エアカナダが提示するチケットの値段が同じだったため、エアカナダから直接チケットを買うことにしました。

「空港行けば買えるんじゃない?」

妻と話し合い、子ども達をサマーキャンプに預けたまま空港に向かいましたよ。

1階のインフォメーションカウンターでチケットを買いたいと伝えると、2階の出発ロビーのチェックインカウンターで買えるとのこと。

チェックインカウンターに行き、係の人に聞くと『Ticketing』という受付に案内してくれました。

カウンターにいた女性はまだエアカナダに入ったばかりで、私たちが最初のお客さんだったようです。先輩社員に教えてもらったり、入力ミスなどをしたりして、1時間以上かかってしまいましたが、無事に家族分チケットを買うことができました。ネット経由ではなく、直接決済なら私が持つ日本のクレジットカードは問題なかったのでした。

8月下旬から9月初旬まで日本に行くことになったわけですが、東京と浜松に行っている間のスケジュールや会う人のことを考えるだけでもストレス解消になります。

 

でも、もし、今すぐランディングしに行って、8月下旬の一時帰国出発日までにPRカードが届かなかったら大変です。PRカードが届くのを待っている間がストレスになってしまうばかりではなく、PRカードなしでカナダを飛行機で出てしまったら帰りの便でカナダに戻ってこられなくなるわけなのですから。

先述しましたがパスポートリクエスト書類を郵送してから通常1週間くらいでCo-PRが届くのにもかかわらず、倍以上の17日もかかってしまったわけで、もっと早くCo-PRが届いてくれていたらすぐランディングをしたのですが、すぐのランディングは諦めることにしました。

いくらPRカードの発行&お届けまで現在13日間と予想日時がIRCCのホームページに書かれていようとも信じられません。

結局、妻と話し合って、一時帰国で日本に行き、その帰りでランディングすることに決めました。(ちなみにCo-PR自体の有効期限は2020年7月3日でした←なぜ1年ではなく11か月ちょっと?)

そう考えると先日高いお金を払ってオープンワークパーミットの更新をした甲斐もあるというものです。急ぐ必要がないですからね。

来月でもう手続きに追われる心配がなくなるのが嬉しいです。(PRカード自体の有効期限は5年ですから5年ごとには更新するつもりです)

日本に一時帰国中、お会いできる方。楽しみにしています。

それでは、また。

※備忘録(前回の投稿から今回までの支出)
【合計6659.51ドル】家のローン、固定資産税、航空券代含む

(Visited 175 times, 2 visits today)