Pocket

1月7日(火)のマニトバ州ウィニペグの気温はマイナス19度。日の出は8時25分、日の入りは16時45分です。外の湿度は約66%。暖房をつけている部屋の中の湿度計は17%と乾燥しています。

さて、今日はちょっと営業っぽい投稿です。

前回の投稿で「ウィニペグの不動産」について何か架け橋的な動きができればと書きましたが、早速ホームページを作ってみました。以下は切り取りしてきた画像の一部です。

昨年後半からダウンタウンにあるアパート(以下コンド)2部屋(共に46平米くらい1LDK)の管理の一部を任されていまして、そのコンドは今現在オーナーさんがカナダ人に貸しているのですが、この度『売りたい』とのことで、このホームページでご紹介しています。

オーナーさんは日本人。

私が前から移住サポートをしていることを知っていてくださり、もしこの物件が日本からの移住をサポートするものになったり、移住してきた人が投資用として利用できるようになったりしたらと、日本人のかた優先で、買い手を探し始めたという訳なのです。

詳しいことはこちらのホームページに書いてありますが、一部屋が96,000ドル。(日本円で今現在800万円くらいです)

頭金をある程度入れてしまえば毎月のローンはこのダウンタウン地域の家賃よりだいぶ楽になることでしょう。もう一部屋を買って、他の人に貸し、家賃収入を得ることで移住のスタートダッシュが早くなるかもしれません。(もちろん2部屋とも貸すのもあり)

日本で中古マンションの一室(約46平米1LDK)を町の中心部で買うと1000万円以上はして、売るとなるとすぐに価値が下がりますが、ウィニペグではほぼ下がることはなく(あがる場合もある)日本への帰国などになったらほぼ同額で売ってしまえる資産になるのです。

多くのカナダ人は生活スタイルに合わせて人生で3回以上引越しするそうです。それだけ物件が売りやすく買いやすいからなのでしょうね。(バンクーバーやトロントの異常な物件の高さでは一部の人しか売買できないでしょうが)

マニトバ州ウィニペグは他の州に比べて物件は安いです。

コンドを借りるのではなく、買ってしまった方がよいという選択肢があることを頭の片隅に覚えておいていただけたら嬉しいです。

同時に、マニトバ州ウィニペグでの物件を買いたい、もしくは売りたいという人を知っていましたらお教えください。この新しいホームページに載せることでお手伝いできるかと思います。

他にも何かリクエストやご意見がありましたらご連絡ください。

それでは、また。

 

(Visited 134 times, 1 visits today)