マイナス30度と感染拡大のマニトバ州他、除雪機購入、ブロワー最高。

Pocket

本日2022年1月9日(日)のウィニペグは晴れ。最高気温はマイナス21度、最低気温はマイナス29度と予報されています。日の出は8時23分。日の入りは16時47分となっています。現在、湿度は57%、体感気温はマイナス33度です。

 

今週から寒さがいくぶん和らぐ予報になっていますが、今日までマイナス30度近くが何日も続いて鼻毛も凍る寒さでした。

(まつ毛と眉毛がおじいちゃんの白髪のように真っ白に凍ります)

雪も積もったため、ようやく除雪機の出番がやってきました。

ブラックフライデーのセールで買ってあったコードレス(リチウム電池)の除雪機なのですが、これが本当に便利!

今までスコップで1時間かかっていたところを15分程度で終わらせることができます。しかも腰痛なしで!!

まだ使い方に慣れていないので、全身に除雪したパウダースノーを浴びてしまったり、おじいちゃんが使う歩行器のようになってしまったりしていますw。


(よっこらっせっと!プルプル……)

このサイズと馬力でも雪が40センチ以上積もったところでは威力を発揮しずらいため、やはり大きめでガソリンを使うエンジンタイプのほうが人気があるのかもしれません。(DIYショップの店頭で見かけるのですが高いです)

ちなみに私が買ったのは、約900ドルのもので、無料で手持ちブロワー(約250ドル相当)がつくというのがブラックフライデー特典でした。(腰痛だったため除雪機を優先させ、洗濯機を今年のブラックフライデーで新調するのはあきらめました)

少ししか積もらなかった時は手持ちブロワーが役立ちます。ものすごい勢いで風が出て、あっという間に除雪できますので「今までの苦労は何だったんだろう」と思うくらいです。

リチウム電池を装着して使うと結構重たいですから腕が疲れますけど、それこそ積雪の薄い道路をスコップ使って30分かかっていたのが5分で終わるといった感じで、旧約聖書内のモーゼの海が割れるシーンのような豪快さを味わえて気持ちいいです。

おかげさまで、憂鬱だった雪かきも楽になり、楽しめるようになりましたよ。

いずれは、以下の写真のような除雪車が手に入れられるように頑張ります(笑)

(今年は雪より氷が道路を覆い、市の除雪車がガリガリと氷を削ってくれていますよ)

 

一昨日金曜日は感染者が3265人と発表されていて、医療関係者、警官、消防官の感染例も多くなっているとのニュースもあります。近いうちにロックダウンになるのでしょうか。

明日から子ども達の学校が冬休み明けとなり、リモートが始まります。

※金曜に学校からCOVID-19のセルフテストキットが無料で配布されました。

引き続き、感染対策と雪かきに気を引き締めていきたいと思っています。

それでは、また。

(Visited 170 times, 1 visits today)
 
今回の記事が気に入りましたら、以下の『海外永住』ボタンを押してください。ランキング向上にご協力ありがとうございます。  
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください