ebayへの愚痴。最悪のパターンに。

Pocket

最近の楽しみといえば、ebayというヤフオクのようなオークションサイトに浮世絵を出品することでした。

でも今回はebayへの愚痴をあえて書かせてください。

 

ebayのシステムとして、3か月の初心者期間があって、10商品しか出品できず、売れても相手に届いたという郵便局の追跡番号がebayのほうで確認できてから振り込まれます。

これはebayのせいではありませんが、最近のコロナ禍で国際郵便が届くのがとても遅いのが難点。

北斎の絵を高い値段で競ってくれたお客様は、1か月以上しても届かずクレームが来てしまいました。

「もうちょっと待っててください」とメッセージしてカナダ郵便局に問い合わせているけどさらに数週間が経ってしまっています。

郵便局が取り扱う荷物が多すぎてロストしてしまったのかもしれません。

 

同時期にebayとPayPalという決済サービスとのリンクが上手くいかず売上金が入ってこないという問題も発生しました。

そのたびにカスタマーサービスに待たされながらも解決していくのがストレスでした。

ごく最近、2か月経ってようやく出品規制が解除され多く出品できるのを機会に、今までの倍以上の出品手続きを夜遅く終えたその翌日、事件が起こったのです。

ebayからの一件のメール。

「Your eBay account has been suspended」(あなたのイーベイアカウントは停止されています)

Suspended(サスペンデッド)って響き自体が昔、スピード違反をした時に「免許証がサスペンデッドされるよ=免停になるよ」と脅されたのを思い出させ(実際には罰金だけで済んだ)「まさかのアカウント停止になろうとは!」とまずどのような理由かをサイトから探しました。

どうやらebayのポリシー(規定)に反していることがあったとのこと。

私は遅配でクレームを受けているお客様の件で、対応が遅いから(まだ届いていないから)罰せられたのかと思っていましたがどうやらそうじゃないらしい。

すぐにカスタマーサービスとチャットをして聞こうとしたら

「チャットでは対応できないため、担当者からメールさせます」

「メールじゃなくて直接説明したいから電話番号を教えてください」

「コロナの影響で現在は電話対応をしていません。メールが届くまでどうかお待ちください」

アメリカのebayの電話番号をネットで調べて電話をしてみましたが、電子音声での対応で留守番電話のように一方的に電話口から録音された声が流れて切れてしまいます。録音の声が言っていることはただひたすら「ネットから問い合わせてくれ」ということでした。

何も悪いことをしたおぼえがないのになんでだろう?

どのポリシーに反しているのか教えて欲しい。

そして、停止を解除するにはどうしたらよいかも聞きたい。

そんなことをebayヘルプセンターのメールから書いて送ることにしました。

幸い返事はすぐに返ってきました。同時にチャット時に「担当者からメールを送るから」というメールも受信箱に入っています。

ドキドキしながら内容を確認します。まず1通目。

「あなたのアカウントを確認するとあなた本人とアカウント自体が一致していない部分が見受けられます。買い手やebayコミュニティーを守るため、ebayはあやしきアカウントを停止する権利を持っています」

は?

なんのことだろう?

次に2通目のメールを緊張しながら開きます。

「あなたの最近のビジネス活動やビジネスモデルにebayは不安要素を感じています。消費者を守るためですのであなたのアカウントは停止されたのです」

なんだ?

言っていることが1通目の理由と違うし、不安要素という表現がまた曖昧です。

詳しく聞きたいため、もう一度2通ともにメールを送りました。こんな時に自分の英語力が向上するように思います。

2通の返事ともすぐに届いたのは嬉しかったのですが、内容は嬉しくなくて、2通とも以下のような同じ文面でした。

「ポリシー違反に対する問い合わせには応じられません。なぜならその違反をこちらで指摘することで新たな抜け道や詐欺が起こりうるからです。ebayは買い手を守り健全なマーケットを維持するために売り手にはポリシーを読んで同意していただいた人に続けてもらっているのです。そして、このアカウント停止は最終決定であり、永久的にアカウントは復旧できません。もし違うアカウントを作っても見つけ出し、同じような手続きを講じます。ですからebay以外の他のプラットフォームで売ることをお勧めします」

え!

一発アウトってこと! 警告も何もなく? 

永久アカウント停止って、私はそんなに悪いことをしたのか?

 

ネットで調べてみると結構アカウント停止されている人が多いのですね。

・出品初心者には詐欺防止の観点から怪しいと思われるアカウントには特に厳しい。

・急に多くの商品を出品すると怪しまれる。

・決済をPayPalにしていて、ebayとPayPalアカウントのリンクがうまくいっていないと怪しまれる。

・出品者住所と商品発送住所が違うと怪しまれる。

これらすべて当てはまってしまったのだと思います。

特にebayへのログインを日本にいた時に使用していたGoogleアカウントを使用していたのがよくなかったのではないか(なぜならGoogleアカウントは日本の住所のまま登録されていたから)などと思い至りますが、何も確かなことはわかりません。しばらくモヤモヤしっ放しだったわけです。

ほかのブログで書いてあったのですが、このコロナ禍でebay内の出品者が増えて、さらにカスタマーサービスもすべてに細かな対応もできないだろうから、怪しきものはすべて罰するというようなことになっていたのかもしれませんね。

 

どのポリシーに反したのかわからない、しかもあらかじめの警告もなく即退場という状況に腹を立てる一方、もうebayで出品できないという事実があまりにショックで悲しくなりここ最近、元気が出ないのです。

 

こんな時に妻の存在は助かります。

「商品がクレームがくるほど遅れて届くのはうちのせいではないし、アカウントが正しくリンクされていないならそう言ってくれればいいのに、意地悪で独善的だ!」と私に代わって私以上に怒ってくれ、「ほら、最初からebayとは相性が悪かったじゃない。ストレスを溜め込み続けるより良いわよ」と諭してくれ「ebay以外でもEtsyでも売れるんじゃない」と次を探してきてくれます。

そう、いつだって妻は私の絶対的な味方でいてくれるのです。

もし逆の立場だったらどうだろう?

「アカウント停止?それは残念だったね。でもよい経験になったんじゃない?」
「ebayのポリシーに何かが反しちゃったんだからしょうがないよ」
「ゆっくり休んでもっと好きなことをしたら?」

うわ!

もしかしたらこれらの言葉を言っていたかもしれない。

一見、慰めていて、同情しているようでいて、たいして寄り添っていないんですよね。偉そうなパターナリズムが鼻につきます。(少なくともうちの妻が欲しい言葉ではない)

今日になってようやく心が落ち着いてきました。

このようにブログで書くことでさらに落ち着きます。

愚痴に付き合って下さり感謝です。

ebayで稼げるようにして、やがて個人貿易をひとつの収入の目玉にしたいという目論見が初っ端からくじかれてしまいましたが、別にマイナスになったわけではなく、ただほんの少しのプラスがゼロになっただけのこと。

例えば、これが永住権申請の手続きの途中で、突然一発アウトの状況になってしまったことを考えたら今回のことはたいしたことではありません。

でも、そのようになりそうな瞬間は何度か経験していたからこそ、今回、耐えられたし気持ちの回復も早かったのだと思います。(もちろん妻には感謝しています)

なるようにしかなりませんが、6月からの生活をもう一度熟慮しなければなりません。

最近まで良いことが続いて調子に乗っていただけに、天から?鼻っ柱を折られたのかもしれませんね。

襟を正しながら6月も楽しんでいきたいと思います。

あなたにとっても素敵な月となりますように。

それでは、また。

(Visited 170 times, 1 visits today)
 
今回の記事が気に入りましたら、以下の『海外永住』ボタンを押してください。ランキング向上にご協力ありがとうございます。  
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください