マニトバ州ウィニペグの語学学校『ハートランド校』のご紹介。

Pocket

以前のブログでも触れましたが、2022年の7月、8月は友人の娘さんがウィニペグにきて語学学校に通っていました。

今回は、そのウィニペグのダウンタウンにある有名な語学学校『ハートランド校』をご紹介したいと思います。

 

ご紹介の前に、なぜご紹介することになったのかを説明します。

2017年から1年間、レッドリバーカレッジに私が調理コースで通っていた際、ホスピタリティのコースで日本人の方がいました。

お名前は森泉萌さんと言いまして、カレッジではもえさんの良い噂(特に英語が上手いなど)が飛び交い、常に人に囲まれているなど、良い印象しかありませんでした。

そのもえさんが就職された先がハートランド校でして、Administrative Assistant/Japanese Marketing(事務アシスタント/日本との橋渡し役)として、たいてい受付にいらっしゃいます。

何度か今回の留学に関してやりとりはしていたのですが、改めてもえさんにハートランド語学学校についてのインタビューメールを送らせてもらいました。

質問としまして、『なぜハートランド校がおすすめなのか』とか『ハートランド校の特徴』、『これからウィニペグに語学留学する人に一言』などをお聞きしました。丁寧にも以下の長文をいただきましたので、ご本人のご了解を得て転載いたします。

****ここからもえさんの文章****

ハートランド校(https://heartlandenglish.com/)は少人数規模のアットホームな学校です。

創立者である学長も身近な存在ですし、現在約70名~80名という少人数規模だからこそ、スタッフと生徒が近い距離で接することができ、記憶力が危うい私ですら全生徒の名前を覚えていられるくらいです。

そして圧倒的な日本人留学生の少なさ。過去を遡ればいい具合の人数の日本の方に就学していただきましたが、国籍比率で系統を取るとやはり日本人数はまだまだ少ない傾向にあります。一年を通して夏季は約7%、冬季は5%以下の割合です。まずウィニペグという土地がまだあまり知られてないことが根本にあるのですが、裏を返せば日本人の少ない環境で集中的に英語学習ができるということです。

また本校では英語オンリーポリシーがあり、校内にいる間は英語以外の言語は原則として禁止しております。ただ学校での拘束時間は長くても6時間で、1日で考えると割合はとても少ないです。ですので本校にいる間は徹底して英語でのコミュニケーションをし英語力向上に繋げていただく為にこのようなポリシーを掲げております。

次に個々の留学プランが実現可能というのも本校の魅力の一つです。毎週月曜日が受講開始日となっており、就学期間(週計算)は生徒さんに決めていただいております。例えば予定していた渡航期間より1週間遅れてしまうという場合でも就学開始日もそれに合わせて1週間ごとに遅らせることができますし、逆も然りです。

クラスはレベルごとに振り分けられ、自分と同じ英語レベルの生徒と勉学を共にすることになります。授業では文法、ライティングやリーディングなどのスキルを集中して学ぶのはもちろんですが、日本人が最も苦手傾向としているスピーキングを多く取り入れているので、これを通して少しでも自信に繋げていただけたらと思います。

日本の生徒さんは真面目で勤勉という好評価を多くいただきますが、スピーキングになると消極的がちな印象をうけます。文法を間違えていたり、発音がおかしかったらどうしようなどネガティブな思考からこのような状況が生み出されてしまうのかな、と日本人として思うところではあるのですが、間違いなしでは学べない事が沢山あると思うので是非自分の殻を破る勇気を持っていただけたらと願います。

正直言うとわたしも英語が第二言語ゆえ英語が第一言語の同僚達や、ましてや英語を教えている講師達と会話をするのは未だに緊張しますし自信がない時もあります。うまく話せなくて落ち込む時もありますが、間違っていても言いたいことが伝わっていれば自分を褒めてモチベーションに繋げるようにしています。

本校では長くて30年以上教育に携わってる方がいたりと経験豊富な講師が揃っており、その大半はカナダ国外でも英語教育を行なっていた経験からより異文化に理解を示しており、それ故に個々の生徒への接し方を工夫し英語力を最大限に引き出すことにも努力しております。

また毎週金曜日の午後に行われるアクティビティでは観光地や美術館、サルサダンスやヨガ教室など様々なアクティビティを展開しており、ウィニペグという街をよりよく知っていただくことは勿論、異文化体験、違う角度からの英語力向上の助長、他レベルの生徒との交流を目的としており、生徒さんには毎週違ったアクティビティを楽しんでいただいております。

唯一の日本人スタッフだからこそ、何か困ったことや英語では難しい説明、ホームシックなど、日本語での会話相談を希望する場合は別室で対応させていただく事ももちろん可能です。日本人が少ない土地ですので、助け合いながら、また留学生活が充実できるように是非ささやかながら応援させていただけたらと思います。

最後になりますが、未だにコロナ禍ではありますが、段々と渡航のハードルも低くなってきました。もしカナダ渡航を迷っている方がいれば一度短期間で旅行に来るだけでも自分の将来像がもしかしたら見えてくるかもしれません。一歩を踏み出すか踏み出さないかは自分次第ですが、私は一歩踏み出してカナダに来たことに全く後悔していませんし、今ではウィニペグという土地が大変居心地良く気に入っております。本校での英語学習に興味のある方はぜひinfo@heartlandenglish.comか本校の日本語対応のLINEアカウント(@485zhpgr)もあるので、気軽に連絡していただければ幸いです。


※上の写真はHeartland校のLINEのQRコードです。

****ここまで****

私も以前、ハートランド校の中に入らせてもらいましたが、生徒さんたちに活気があり、スタッフのみなさんも優しい人ばかりでした。

YouTubeやインスタグラム(@heartlandenglish)もやっているそうです。

※動画のほうが雰囲気がつたわりやすいかもしれませんね。

HeartlandEnglish – YouTube

2022年の夏、今回もよい学生さんで、宿泊や食事までお世話をすることができ、さらに後見人の手続きも無事にできたので私自身、留学受け入れの自信がつきました。(2019年にも留学生のお世話の経験があります)

 

もし、カナダ(マニトバ州ウィニペグ)への語学留学をお考えの親御さんやお子さんがいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。

それでは、また。

(Visited 147 times, 1 visits today)
 
今回の記事が気に入りましたら、以下の『海外永住』ボタンを押してください。ランキング向上にご協力ありがとうございます。  
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください