ウィニペグ・リノベーション・ショーを見てきた感想

2024年1月13日(土)のカナダ・マニトバ州ウィニペグの日の出時刻は8時21分。日の入りは16時53分。最低気温はマイナス26度で、最高気温はマイナス22度の予報でした。

昨日金曜日は仕事のあとにダウンタウンにあるRBCコンベンションセンターに行ってきました。

東京ビッグサイトなどで行われる○○ショーという企業がブースをだして説明しているあのビジネスショーのような催しがあったのでした。

【Winnipeg Renovation Show】(ウィニペグ・リノベーション・ショー)1/12~1/14まで

通常の入場料は11ドルなのですが、夕方16時以降に入場する人は6ドル50セントになるためお得でした。

一軒家を購入してからというものDIYやリノベーションにさらに興味が芽生えて、いままで我が家をいろいろとリノベーションしてきたつもりです。それでも、自己流が多いため今回はどのようなリノベーションが紹介されているか気になっていたのです。

ガレージやベースメントのリノベーションなんていうのがあればぜひ参考にしたいですし、何か画期的な技術(断熱効率アップ等)が紹介されていれば見てみたいと期待に胸を膨らませて大きく広い会場に入っていくと、ブースが多く出展されていました。

まず目を引いたのが大きなお風呂のようなジャグジー。

それとなぜかバイク。

キャンピングカーもありましたよ。

あれ?これらってリノベーション関係あるw?

折り畳み式のトレッドミル(ランニングマシーン)や

マッサージ機を紹介していて、リノベーションって広義に「豊かさを得るため」というのがあるのかもしれないと自分に言い聞かせましたw

 

一方で、私のイメージ通りのリノベーションらしいブースもあって、ドアやガレージ、窓などを取り扱う会社のスタッフの人々がたまに挨拶してくれました。

屋根を扱う会社では瓦調の珍しいタイプの屋根が紹介されていましたよ。

瓦ではなくメタルで作られているようで、いかに日本の瓦技術がすごいかということも再認識しました。

そのほか、リノベーションっていうとどのような分野があるのかと思って見回っていたら、

表札を作っている会社や、

芝生や庭の植物を扱っている会社までありました。

さらにリノベーションらしいところでは、浴槽総取替えというサービスが気になりました。いまあるバスタブの上にかぶせてしまうという感じのシステムで、綺麗で掃除しやすそうでしたよ。

カナダらしいというか、極寒のマニトバらしいところでいえば、個人サウナも展示されていましたっけ……。

広い会場をくまなく歩きまわりましたが、特に「これが欲しい」とか「このサービスが気になる」というのは残念ながらありませんでした。

もっと、工具を使ったリノベーションの仕方を教えてくれたり、自分でできるリノベーションツールなどがあったりしたら面白かったのにと思います。

面白いといえば、会場には大きなセミナー会場があって、日中はリノベーションに関する講演を聴けるのだそうでそれがこのショーの大きな魅力になっているようですよ。(過去のSNSの写真をみるとセミナー会場の席に大勢の人がいた)

また行きたいかと聞かれると「もう行かないだろう」ということになりますが、極寒の地でこのようなイベントが催されて、しかも寒さで外で遊べず、家にいる時に「リノベーションをできるところはやってしまおう」と思わせるにはちょうどよい企画なのだと感じました。

 

今の一軒家に住んで6年半以上が経ちますが、ようやくリノベーションやリフォームが落ち着いてきました。やってみると技術よりも度胸や覚悟のほうが大切なのだと常々感じます。

ちなみにリノベーションとリフォームの違いってどのようなものか知っていますか?

「リノベーションとは、その空間からイメージやアイディアを発展させ空間そのものの質を思った通りに転換してしまうこと。それに対してリフォームはキッチンや設備の位置を変えたり、床や壁紙を変えたりと化粧直しのようで、また「モノ」で解決するだけのプロセスなのである」と何かの本に書いてあったのを昔メモしておきました。

また、「リノベーションとは、古い、狭いといった建物の欠点を個性と捉えて、住む人のニーズにかなった『新しい値打ち』を吹き込む再生術」とか、

「リノベーションとは、決して『完璧なデザイン空間』を作ることでもなく突飛なアイディアをデザインに落とし込むことでもない、目的にあった居場所を作ることであり、ある人にとって、そそられるようなときめきや居心地の良い安心を得られそうな場所にすること」などと定義されているようです。

考えてみれば、自分の人生を目的にあった居心地の良い場所にしていくという海外移住もまた人生のリノベーションのような気がします。

もし、あなたが海外移住に興味があり、例えば、カナダのマニトバ州に自分の居場所、居心地のよさを自分でも作れそうだと考えた時、そのイメージにときめいたとしたらマニトバ(ウィニペグ)移住を成功させる大きな一歩を踏み出せているのだと思います。

さらにもし、あなたの人生のリノベーションをカナダ・マニトバ州でと本気で考えていらっしゃるのであれば、ぜひ私に応援させてください。もしくは考えていそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介をよろしくお願いいたします。

全国的に寒い日が続きますが、引き続きご自愛ください。

それでは、また。

 

(Visited 131 times, 1 visits today)
 
今回の記事が気に入りましたら、以下の『海外永住』ボタンを押してください。ランキング向上にご協力ありがとうございます。  
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村
  • X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください