上手くいかない原因は自分が期待しすぎてしまうからかな。

Pocket

昨年の6月はエアコンが急に壊れて約5000ドルの出費がありました。(詳しい記事はこちら

毎年6月は出費が多く、この月まわりは変なことばかり起こるような気がします。

昨日、土曜日に車で買い物に出かけて帰ってきた時、ガレージのドアが急に壊れました。

「ガシャン!」と大きな音をたてて何があったのかと思ったら、重たいオーバーヘッドのガレージドアを引っ張って開けるスチール製のワイヤーケーブルが突然切れたのです。

車が出入りしている途中で切れなくてよかったのと、切れたワイヤーで誰も怪我をしなくてラッキーでした。

おそらく自分でワイヤーを替えれば直るのだと思うのですが、レールの調整や原因探しがもう少し必要だと思い、業者さんたちに見積もりをもらっています。(今のところ約230ドル。約2万5千円か)

6月になると、住宅保険(一括払)と日本語学校の授業料、そして夏休みで一日中託児が必要となるデイケアへの費用の支払いがあります。さらに、子ども達の服を衣替えするといつの間にか着れなくなってしまった服や、履けなくなった靴が増え、新しいものを買わなければならないのです。夏の楽しみであるキャンプの予約やキャンプグッズも買ってしまったので、とうとう家計が赤字になりました。(インフレで物の価格が急に上がっているのもありますが……)

最近発表された5月のカナダの消費者物価指数(CPI)が7.7%となり、1983年以来の最高水準になったそうです。それに呼応してカナダの政策金利もさらに上がることが予想されていて、もう家を買うどころではありません。今住んでいる家も来月には5年固定金利の更新をしなければならないので頭が痛いです。(今回は5年じゃなく1年の固定金利を選んで様子をみるかも。モーゲージブローカーに相談中です)

過去数十年の日本のデフレに慣れていたからか、今回のような大きなインフレは骨身に沁みます。

先日アジアンスーパーで買った大きな台湾キャベツが一玉7ドル(700円)もして会計時にビックリしました。ガソリンも6月に入って2ドルを超えるようになりましたよ。(初めて207.9になっているのを見ました)

パンデミックも、ロシアによるウクライナ侵攻もまだ収まっていないし、期待してしまうことはことごとく上手くいかないような状況になっているように感じてしまうのです。

 

甘く見積もっていたことや、期待してしまっていたことなどは自分の思う通りにいかないと落ち込みやすくなるものです。

6月で日本語学校の修了式を迎え、お役目を終えた保護者会で悲しいことがありました。

私は保護者会の代表として、会をちょっとでもよくできればとある提案をしていたのです。

保護者会とはなんなのか、各クラスの代表(=保護者)が集まる会(以下では代表会)というものの役割が何なのかがまだはっきりしていなかったため、保護者会の取扱説明書のような【保護者会概要】を作ろうと代表会のメーリングリスト(=複数の人へ同時にメールを発信する仕組み)へ呼びかけたのでした。

なぜなら、保護者会代表になってから初めて知ることばかりで、さらに引継ぎがうまくいっていない状況を『書面で引継ぎ書のように残す』ことで次の代からはもっと運営しやすくできるだろうという私の期待があったからなのです。

でも、「パンデミックで様々なルール(リモートや消毒義務など)ができたりなくなったりしてきたから、規約のような条文は必要ない、こんなものを作ったら次の人が混乱する」など反対意見が某クラス代表の人から出てきました。

やがて私が何か企んでいるのではないかとその人から疑われて、私の作ったたたき台の文面を即、全力でたたいてくるではありませんか。

ん?どこでどのように嫌われたのだろう?

なんだかメールでの議論の場を荒らされているような気がしました。なぜならその人がピシャリと私に意見をしてからというもの誰も発言しなくなってしまったからです。

もしかしたらその人は「自分の有能さを見せたい、承認欲求を得たい」という部分(私も持っている)でマウントをとりたがったのかもしれません。

確かにその人は有能ですし、言っていることは間違っておらず、内部のことをよく知っているため、ご意見を共有させてもらえたのはありがたいことでした。

欧米社会ではよくある主張の違いを議論するという論調なのかと思っていましたが、その人が、実は私の悪口を陰で言っているということをある人から聞いてしまい、本当に私は嫌われていて、さらに他の人に私の悪口まで言っているのだと怖くなりました。

やがて、私はこの代表会のみんなから嫌われているかもしれないと心を病み始めました。

誰かに相談しようにも、相談した人を巻き込んでしまうようで誰にも相談できません。

結局、保護者会内で私だけが空回りして騒いで終わったというような結末になったように感じています。

別に私は保護者会で権力を持とうとか、何かを得たいなどの下心は全くありませんでした。ただわからないことをわかるようにして、次に引き継ぐ人たちが困らないように代表会のみなさんと楽しく保護者会概要を作り上げられるだろうと甘く見積もっていたところ、期待とは違ったご意見や陰口をいただいてしまったことで、かなり落ち込んだ5月、6月になってしまったというわけなのです。

良かれと思ってやったことが上手くいかないとか、サービス精神が自分を苦しめるなどの失敗事例は過去に何度もあるのに、私は全く成長していないようです。

もう期待はしない。(自分に期待するのもやめたほうが良いですよね)

最近、人と接するのがさらに億劫になってきてしまっています。

 

6月まで散々だったけど、7月はもっと良い月になるといいな~。(は!また期待してしまった!!)

 

※誤解のないように最後に付け加えますが、ウィニペグの日本語学校はとても良いところです。保護者の皆さんは本当に良い人ばかりですよ。(←陰口を言う人を除くw)

(Visited 243 times, 1 visits today)
 
今回の記事が気に入りましたら、以下の『海外永住』ボタンを押してください。ランキング向上にご協力ありがとうございます。  
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外永住へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください